カテゴリ:永遠の戯言( 83 )

へー

納骨を繰り上げるのは致し方ないとしても
墓掃除から準備まで
さらに
あとかた付け全般すべて私ってことなのね


仕事させてやってる
光熱費 家賃支払ってもらってないって
ことなのね

あの ほとんどないけど
退職金内からもらったってセリフは
私の前で言ってほしくなかった気がするけれども

油断したのね

親族の長老らは
どうして
私がやるのか
不思議だというように言われたわ

そりゃそうだよね

私は外の人間だからね

すべてが終わったら
自分の生きていく道を考えてくださいといったのは
私じゃないからね
まちがっても
離婚してきてすぐに
そんなこと私の口から言うわけないからね

猫が鳴いているから
やめよう

あの人は今日一日
私の顔を見ないで家に一匹でいたのだものね

あそんでやろっと

もう いいんじゃないかと思うんだな
猫連れて暮らしていける場所を考えないとね


[PR]
by gavo220607 | 2017-11-01 18:59 | 永遠の戯言 | Comments(0)

12万8千円しかもらえないのに
5万5千円の引き落としプラス保険料1000円上げたからとんでもないことに。。。
15日絞めだから これ以上絶対に使えないってことだよ
カードも財布も持たないで過ごす。

b0134838_06553888.jpg
千佳子の餌と砂代稼げればいいや
b0134838_06582204.jpg
保険に入るより
一か月2000円貯金を実行中
おなか痛いの?
違うっぽいか

私が真上から飛び乗られても起きなくなったから拗ねてるのか?
腹の肉が厚いから
お前ごときが飛び乗ってきても
跳ね返すだけのことなんだけれども

餌より愛なのね

っつうか 撫でていよってアピールなのね

耳だけこっち向いてるけど
そのうち
ぼてっと横に倒れる五秒前の状態だな

あきねえ

まったく飽きねえなあ


************


不思議でもないんだが

数か月前に親を亡くした年上の方は
こちらにお悔やみをのべてすぐ
異常に私のことをほめまくるが
実際は
自分の介護がどうだったか
聞いてほしいのだなと思われる節があるので
自分のことは話す気にはなれないので
よくおやんなすった と
ひたすら聞く体制をとる

数年前に
旦那さんと義理母と実母を立て続けに亡くした方などには
自分が
いかに その方に 今私が受けているような
あまり 意味のない
「もう落ち着かれましたか?」
とか
「寂しくなるけどよくやった がんばって
これからは自分のために生きてってね」
などという言葉を
わかったように
いっていたことを
深く反省しているので
何も言えない自分に

お疲れさまでした

と ただ 頭を下げて去っていく姿を見習おうと思ったりする

女の方で自分の親を見た方たちは
一応に
まだまだ やりたりない
後悔していることがいっぱいある
あなたもそうでしょう?

とおっしゃるが

やっと20日たつか経たないかのうちに
後悔してたりすると

先に進むどころか
闇に落ちそうな気がして

一切考えないようにしてるとしか言いようもなく

むしろ

あんたはよくやったんだから
正直悲しくもないしさびしいまでいってないだろう
だって やるだけやったんだもん
やることやったら
あとは
生きていくしかないんだよね

って いってくれたおさななじみのねえちゃんが
一番心強かったなあ

死んだ後で
いくらお参りしても
おかあさんにはよくしてもらったといっても
意味ないんだと元姑は言っていたけれど
そのとおりだ

おむつをとりかえない
それはいい
コツがいるから
したくなければそれでもいい

でも
何年家にいても
どんなものが食べられるのかとか
どんなものが好きかとか
興味がない人
これは施設の看護師長にもいた
どんな食事体制でいるか
まったく知らなかったと知った時
施設を出そうと決めたかなめにもなった
一番 命にかかわるところにいる人が
毎日施設に来ているのに
一人一人のことを把握する気持ちがない
無理なんじゃない
金もらうだけしか興味がなかったってことだ
そんな施設だから
ケアマネすら ワーカーに話だけ聞いて文字上だけのことのみ記載するだけだったから
入居者のことを全く知らないために
7年間 ほとんど 介護計画の内容が変わらなかった現実がある

在宅にしてから
介護計画は微妙でもちゃんと変わってきた
そういうことだ


廃用症候群で死なせたいなら
スタッフがしょっちゅうやめる
なにかあったら下剤と睡眠剤を飲ませる施設に入れたらよろし
若い人でもあっという間に死んでしまうよ

おそろしいのは
絶望と拘束だ

私などは
そんなところに
7年間も入れて
形ばかりの手伝いをして満足しようとしていたのだから
自分が恐ろしくて
振り返る気にはなれないのが現実だ

施設から家に連れ帰ってみる人はほとんどいないらしい
しかも
最後まで見る人は少ないらしい

かといって

けして
私が褒められていいわけもなく

落ち込むので
これ以上書くのもやめよう


米倉涼子さんみたいなポーズで猫 横になりました。
b0134838_07225320.jpg
今日は寒いから
ストーブのそばにいなさいね

お昼は帰ってこられないけど
ご飯はいっぱいあるからね
お水もね

便はすでに片づけたから
もっとしてもいいけどね

おりこうでね

ちなみに
おかあさんの介護用おせちより
高い 猫のおせちは食べさせられないからね

たぶん
食べないと思うし👈イソップ物語 キツネとブドウ参照
(買えないから どうせほとんど残してしまうから買っても無駄と思う心境)

ブラッシングしてると
本当に猫ってにおわないのねと思う。
最初のころ
多分虱だったのかもしれないけれど
今はすっかりいなくなったということで満足
切らなくても
かなりの量の毛をすいたからよかったよかった


もっと 猫医者に訊け!

鈴木真/KADOKAWA

undefined

100万分の1回のねこ

谷川 俊太郎,山田 詠美,江國 香織,岩瀬 成子,くどう なおこ,井上 荒野,角田 光代,町田 康,今江 祥智,唯野 未歩子,綿矢 りさ,川上 弘美,広瀬 弦/講談社

undefined

猫男爵―バロン・キャット (サライ・ブックス)

神坂 次郎/小学館

undefined

「病」になる言葉──「原因不明病」時代を生き抜く

梅谷 薫/講談社

undefined

千鶴子には見えていた!―透視は、あっても不思議はない

竹内 久美子/文藝春秋

undefined

AERA English (アエラ・イングリッシュ) 2017 Autumn&Winter [雑誌] (AERA アエラ 増刊)

朝日新聞出版

undefined











[PR]
by gavo220607 | 2017-10-04 07:19 | 永遠の戯言 | Comments(0)

b0134838_7153518.jpg


腰の痛いのはそろそろだいじょうぶになってきたけど
天気が悪くなる時期だから落ちるのも簡単だね
体重も増えてきてるよ

とはいっても
一年しか期間がないわけだから
がんばらないと閉じ込められる

外も自分も閉じ込められる

猫が 胸の上で寝るようになった

一時だけど
じわじわ来る
猫の内臓と自分のがどこかで溶けて一つになりそうな気になる

もっと寒くなれ

きっと布団に潜り込んでくる

外に出ると闇に紛れる色なので
私の帰りが遅いと
扉ぎりぎりまで来て待っている

柵を設けなければならん

苦しそうに見えていやなのだが
赤い首輪をさせている
仕事に行っている間だけなのだが
首に巻き付くものは私が苦手なので
すまん

と思う

でも いなくなったときに
大変特徴がある胸の白いエプロンも
下半身の腹部の白い蝶々の部分も
右足が白いハイソックスで他三本はソックスで
右足の大腿骨と膝の間に白いラインが入っているのも
鼻の上がかなり特徴がある禿
右目の上もはげ
でもって左目の上の眉毛ほとんどない
ってのは
私しかわからないわけで
今のところつやつやだけど
これが 細胞がすべて機能を失ったら
まったく別の個体に見えるということも

もう二度と
この猫と同じものに出会えないことを考えると
ぞっとするぞ

いきなりの猫が
性格ばっちりってのは
よかったのかわるかったのか

でも おまえは

ストーブのほうが好きか、、、

まあ ええけんども

寝室しか温度は高めにしていかないから
餌と水は涼しいところでとってくれたまえ

もっと小さい部屋に引っ越そうね
虫が気になるの?
テントウムシは臭いしね
遊んでもらいなさい

さて

仕方ないから仕事に行く👈問題発言
餌代稼がないとね

最近 障碍者枠で働いている人と
自分の手取りの給料が一緒だということを知り
愕然どころか 
私がやっていることって
肉体以上の作業もあるのに
どうなんだろうなあとおもう

障碍者の人が劣っているというのではないのよ
単純作業をとつとつと根気よくやることは
優れていると認められることもあるのよ
でもね
国に守られている人と
そうじゃない自分と
逆差別じゃないかと思うこともあるのであって

心が狭いと思う
そうおもう
でも 思ってもいいじゃないかと思う
だったら 自分は選択肢があるのだから
したらいいじゃないかと思う

人の生活をうらやむより
自分で何とかできるはずなのに

だめだねえ

左足の静脈瘤がぼっこぼこ増えて気持ち悪い

従姉が 町のウォーキングのイベントに誘ってくれたので参加することにした。

誘われたことは断らないをモットーに使用。

チャンスを生かせないのは
努力が足りないからだ





[PR]
by gavo220607 | 2017-10-03 07:15 | 永遠の戯言 | Comments(0)

腰が半端なく痛い

明日 職場に行ったら治るんだろうね

猫が
胸でスフィンクスの真似をするようになったわ
足元じゃなくて胸の近くに寄ろうとするわ


急いで 片づけをしないで
一個ずつでもいいから
家をきれいにしようと

本を一行でも読もうと

いまのいままで

携帯電話に入るのは
職場から仕事の不始末を指摘する電話か
もしくは母親のこと以外はなかったから
ほとんど 携帯料金がかからないほど電話が来なかったのに

なんと
一時間に4回もどうでもいい電話が入る休日っていったい、、、

もうええ

そろそろスマホに変えようかと思ってたけど
電話持たないことにすればええかも

**********************************


葬式や通夜に来なくても
新聞で記事を見て
私を思い出してくれた人が何人かいたということに
ちょっと感動した。

それが どんな感情であれ

忘れられていなかったんだなと思うと
複雑かつ

なんじゃろうねえ

とおもうべな

メルマガも介護関係のは全部 解除して
細かくお金が引き落とされるのも解約して
ガソリンも使わないように
車もいらなくなりそうだなあ

と 考えた瞬間

猫を病院に連れて行くときに必要だということが発覚
いまのところはいかないですんでるけれども

だんだん 吐くことも増えてきたので
車はまだ無理だなあ

ぼきのせいかつは
健康でいないといけないのだから
やすみやすみいこう

左足の静脈瘤が半端ない状態になってるの見も気づいたのでね



[PR]
by gavo220607 | 2017-10-01 11:44 | 永遠の戯言 | Comments(0)

ありがたいことだな

さすがに 血の巡りが悪いので
マッサージに行ったら
めずらしく時間を間違えて向こうから電話が来たりして
しかも いつもの人じゃなくて
初めてリーダー=ハイヒールの桃子そっくり が
普段早く来るのに何かあったかと思って、、

とか言われて
半端なく きく 指で押さえてもらって

調子いいうちに
ゲン担ぎしてた温泉にあかすりに行ったら

そこの主任の付き合いが長い女の子が=部類の猫好き
新聞で見ました
楽になったかなあと思ってました。=体触ってたから
彼氏と 〇〇町=私の住んでいるところ に遊びに行ったとき
信号の近くに名前があったので
めったにない名前だから
ここの家かなあとか言っていたんです

って まさか
裸で付き合ったことしかない人に
それも 年に何回かしかあってない人に
気を止めてもらっていたとは、、、

その後 ほとんど 介護の話も母親の話もせず聞かれず
彼女の今付き合っているバツイチの彼氏と
どういう付き合い方をしているか
しっかりと聞いていたという、、、

結婚前提じゃないんだと
結婚するつもりもないんだと

で それを彼に最初にいったら

「それはなあ 男のセリフ!」

って いわれたとか


幸せそうなアラフィフだった

まじめで 粋な子でねえ
仕事はプロだよ

時間が 早かったら
もっとゆっくり お風呂に入っていたかったんだけど

部屋に置いてきた 千佳子のことが気になって
とっとと 帰ってきたんだけど


猫を飼う前は
キツネやタヌキや犬は目に入ったけど

行きかえり けっこう 野良猫が多いんだということ
ひかれてぐちゃぐちゃになっている黒猫を見つけたとき
まだあ ひかれたばかりかもしれないと思って
車止めそうになったけどやめた

そこまで まだ 猫に対する愛情はない

ただ
あかすりのこが
某保護施設で猫をもらってきた と いったら

そうですか

あそこのオーナーさん
人にはかなり不愛想だけれど
猫を愛していますよね
んぱないっすよね

というので

人の対応は置いておいても
猫愛は半端ないし
本物だと絶対的に信頼できた

すごい愛だよね

すごいっす

ということで 接客業の彼女と私
オーナーに尊敬の念を確認しあったのである

って なんのために?
なんだかわからんけど感動してた



さいきん よく聞かれることは
猫の名前はなんていうんですか?

というので

千佳子だ


というと


かなりフリーズされるんだけれどもなぜなんだろうか?

ある人は

家政婦は見た の
はるみちゃんくらいのインパクトがありますね

b0134838_07543673.jpg

実はわたくし 結婚していた17年間ほとんど
テレビというものを見たことがありませんでしたので
この番組もよう知りませんでした。
ビデオばかり見ていて無駄金を落としていたのです。
ドラマ見る時間帯は仕事してたしね

なんか

感慨深いものがありますなあ






[PR]
by gavo220607 | 2017-09-30 08:03 | 永遠の戯言 | Comments(0)


猫を飼ったときと同じように
500円貯金 ごー!

[PR]
by gavo220607 | 2017-09-24 08:17 | 永遠の戯言 | Comments(0)

b0134838_07235143.jpg
着替えたから
仕事するから

おまえは 姑か!

というわけで 寝ているわけにはいかなくなったので
とりあえず 不満たらたら愚痴るより
草の一本でも抜いたほうがましだという亡き母親の意思を尊重しまして
洗濯部屋につめこんだゴミをかたします。
そのあと 宅急便の兄ちゃんが荷物を取りに来るまで
母親の部屋の大掃除

もう さいしょっから 一切の権利は私に無いわりに
捨てたら文句言うくせに 何が無くなったかもわからないだろうから
ともかく 服だけ捨てますわな
明日だしてしまいます。
私のも出しちゃおうっと

これからの 方針を少しメモしておこうと思うわ
変わってもいいけど初心表明だわ

  1.  化粧品は安いものを沢山買わず 好きな銘柄を少しずつ揃えていくわ やっぱ下地はSKⅡがいいなあ
  2.  Tシャツの黒と変な作業ズボンばかりだから スカートに移行していきたいわ
  3.  髪の毛を青く染めて 縦巻きにするわ もしくは アップにするわ
  4.  靴は 少しずつかかとのあるものにするわ

そのための最低条件は太らないこと 食べすぎない事にかかってくるわけだわ

5.  食事はちゃんと作るわ ただし 具だくさんお味噌汁とご飯を少し 梅干し 肉は単独で食べるわ

とりあえず 一年以内に 身体改造と意識改革に専念するわ

玄関一歩はいっただけで いろいろ変わってるのに
まったく私にも家にも興味がない人たちしか存在していないので
何がどう変わったかなんて誰もわからないってのは
とてもとても 私にとっては悲しい事だけれど

この家としては
まず 一階を わずかなお客さんたちのためにつかうお茶碗以外は
もう人は来ないから捨てるわ
良い時だけ利用しようとしても
この家も私もいなくなるわけだから
欲しいなら取っていけばいいだけのことだものね

そうだよ
来た時すでにゴミ箱だったんだ
母親も今は亡き人たちに掃除機はかけてもらってるってだけで
髪の毛は鬼婆
部屋の電気すら消えたまま
どこに金が消えていたんだろうと思うわ

なもんだから

おかあさんが死ぬ数日前に
台所の電気がちかちかし始めたので
昨日 私の神経に触るから幼馴染の電気屋のおにいちゃんに取り替えてもらったわ
ついでに拭き掃除できたわ
それと 母親の祭壇がある部屋の電気もいかれてたので
取り替えてもらったわ
人が来るのにまったく気にしない神経ってなんだろうと思う。
ああ
そのための私なんだなってことだわ
細かいことは私なんだろうね
電気屋のおにいちゃんに支払おうと思ったら
会社につけて後で請求するからいいよって
この人も気を使ってくれてるのがわかるわ

もう 甘えて何でも気を許すのもやめよう

結果的に
悪口を言った方が負けなんだ

住みづらくなるより
自分が住みやすいように
こころをあまり暗くしないで行こう

って 猫 いきなり足元で宇津九④

はいはい

毛を漉いてあげましょうなあ←しっかり!コントロールされてるぞ!

[PR]
by gavo220607 | 2017-09-24 07:44 | 永遠の戯言 | Comments(0)

毎日台所を磨いている

b0134838_10311576.jpg
たいした人も来ないし
会社は普通通りに動いているし
訃報の記事は地方新聞にしか出していないし
こじんまりとやる予定だそうなので
遺影も兄が 何年間もあったことがない人たちが
現役だったときのおかあさんだと認識できるようにと
選んでくれたものはとてもよかった。
b0134838_08400160.jpg
それぞれ の関わり方をした人たちが
それぞれの思いで人にかかわっていて
その関わり方で葬儀に出る出ないを決めるわけだから

せっかく最後のお別れに来るにしても
親より長い時間一緒に居たけど変な確執があるからとか言って
悲しいお別れの仕方をする人もいて
b0134838_08405463.jpg
冠婚葬祭は どんなに擦れ違いがあっても
お祝いを言われる人たちは
幸せにあろうと希望があるのだし
お悔やみを言われる人は
もう何も聞こえないのだから せめて
お付き合い終了の挨拶でもするつもりでいればいいのであって
死んだ人には感謝してるけど
その子供の態度が気に入らないとかは別の話であって

近くにお世話になるからと言って家にあがってもらったら
親族の湯かんの最中であったにもかかわらず
挨拶させてもらおうかなとか言って
長居して 冗談のつもりだろうけれども
親族の皆さん本当に死んだ人にお世話になったと思ってるんですか?
とか 言ってみたり

悲しいのは多分 死んだ人に対してやり残したことがある人だけで
私などは物心ついて みっちり親と対峙できたのは
在宅介護中の4年間だけだったので
それも すでに 親子の関係ではなくて
むしろ 私が年上のように母親は思って頼りにしていたから

なんというか

これも 趣味の一環なので
がっちり観察させてもらおうと思うわ

町にかかわって仕事のみで関わることはあっても
個人的には 定年まで過ごせたらいいなってことだけで
それ以降は
猫飼っちゃったし
猫と暮らしていける場所をさがそうと思っているだけのことで

母親が死んで実際に悲しいかというより
しっかり骨になるまで見守って
その後は 母親のゴミになったものをすべて処分して
家の中を片付けて
b0134838_08415637.jpg
しっかり 悲しいなあという感情をよみがえらせてから

自分が死ぬまでにやりたいことを
もう一度考え直してみたいと思うさ

もぬけの殻になったかというと
それどころじゃなく
孤独になったかというと
正直 母親がいてもいなくても
同じ事の方が多く

冷たい人間なのだなあと自分の中にいる人に話しかけ
猫の甘噛みを愛情だとは決して思わない自分に
動物が好きで飼ったんじゃないのだなと
大反省するね

歯磨きしてる時が一番落ち着く時間帯で
全部歯が無くなったらつまんないだろうなあと思う

ちなみに
長いこと介護されて入れ歯を入れてない状態の人は
棺桶に入る時に入れ歯は使えないとのことで
綿で補正するからどんな形であれ入れ歯は必要ないという
葬儀社の意向があり
生々しいから 鼻と喉に綿を詰めるときは
見ないでくださいと言っていたけれど
しっかりと見せてもらい

昔は 家で家族がみんなして着物を着せたり体を拭いたり
綿入れたりしたんだよねーとかいう親族たちの話を聞き流し

何でもかんでも外注にしてしまったばっかりに
失敗も無いけれど
達成感も無いんだな

連絡がつかないと思っていたら
息子さんの結婚式にハワイに行っている最中だとか
手伝ってもらう予定だった人の親族が遠方で亡くなってダメだとか
思いがけない助っ人が休暇を取ってやってくるとか

正直 お世話になるんだからなるんだからって呪文みたいに思っている必要はない場面もあり
だって ほとんど顔を出さなかった人が
暇だからって言って長居するとかさ
もう 母親の目を落とすかもしれない時に
人の部屋に入っていやがる猫を追いかけないでくれとかさ

もう この世は
生きている人たちの楽園だなというのが
今のところの感想です。

そうそう

私の友人 いま現在 認知機能がかなり低下してきた
お父さんを介護し始めているんだけれど
ちょうど まだらボケの時期で
粗相したら隠す 本人も家族も一番つらい状態である時期で
それでも 私に会いにすっ飛んでくると言ってはくれたんだけれど

私が甘えることができる唯一の人なので
気持ちだけいただいて
来たい気持ちもわかるんだ
心配と別に
ちょっとした逃避行なんだ
でも 逃げると後から追いかけてくるものが大きくなるし
私も 甘えられる相手が来ると弱るし
隠し玉で取っておきたい気持ちがあるので
落ち着いたら お父さんの様子見がてら遊びに行く約束をして
たまに爆発してメールしたりするんだけど
抜け穴は大事だなあと実感

ダダ漏れするのはいかんのだ
少しだけ息抜きを用意しておく
これは大事だ
b0134838_10322075.jpg

さて 猫は遊んでほしい時とご飯欲しい時とウンコ片づけてほしい時以外は静かです
人が来ても階段の上から見下ろしているだけで
外に出ていく気配も無い

おかげさまで 人の声がいっぱいすると
部屋で静かに待機してもいてくれるので
年を取った動物ってのは賢いもんだなあと
ありがたく思っていたら
寝ている最中に二の腕の一番おいしそうなところを軽く噛まれた
許しませんよ
怒ります

ご飯も残して 同じものなのに新しいものを要求しやがるので
手でやったらイヤイヤ食べたりするんだが
もしかしたら 左目が見えない可能性も出てきて

長生きしてねと思ったりもする


おかあさんほどかわいらしいでかい動物はいなかったけど←おひおひ

手をかけられるものがあるってありがたいことだよ と
長い付き合いの友人が言ってくれたが
彼女は去年長いこと買っていた犬を介護の末亡くしたらしいけど
いま 二匹違うのがいるらしいわ
娘一人ずつに遺産として残すつもりなのかね

私に 万が一のことがあったら
娘に千佳子は残そうと思う
猫可の物件探しておいてもらおう←おひおひおひおひ

いま ある人が

「仕事が人を作るのですよ」

と おっしゃってらした

どんな仕事でも
誇りを持って 丁寧にやっていれば
それが自分になるのかなと
子どもたちがんばれって思うわ



[PR]
by gavo220607 | 2017-09-20 10:33 | 永遠の戯言 | Comments(0)

嫌な予感がしたので 問い合わせたらとんでもない金額に!!

メモしていたのより数千円高い
給料より高くなったらおしまいだ

今年は車検もあるし
下手するとスマホに替えないといけないし

無駄遣いが過ぎた

しかたがないので321円(税込)で肉も野菜も入っている2人前の鍋のセットを買い
去年の10月に消費期限が過ぎている10穀入りすいとんの粉を使って味噌とトマトも入れて
美味しくいただいた

正直 ちゃんと野菜は洗わないと消毒剤たっぷりでむしろ体には悪い
今週末 町の恒例の夜市の類があるから
100円で詰め放題 じゃがいもタマネギ
もしくは 芋団子かおでん を各200円で 馴染みのお店で食べるか
それとも 家でじゃがいもでもゆでて食べるか

今のところ決めていない

恐るべし 見えないお金
堅実に現金を使いたい
じゃないと 油断すると今回のようになるのだわ

これじゃあ おかあさんの在宅を始める前のテンションと一緒

もう 体が疲れて
重いものを持って階段を下りると膝が鳴くので
無理はできないよ

で お酒も飲んだせいで
おしっこの出が悪い
きっぱりとやめる


b0134838_20093818.jpg


[PR]
by gavo220607 | 2017-09-11 20:16 | 永遠の戯言 | Comments(0)

おかあさんが死んだら
今住んでいるところを出て行かないといけないと思っているんだけれど
職場は大好きなのでやめたくはない

猫を抱えて
町に住めるところはほとんどない
あるとすれば とてつもない場所を選ばないといけない
光熱費が支払えるかどうか不安

ともあれ
まだ 母親は頑張っているので
そんなことは後から考えればいいことだ
b0134838_20222799.jpg
b0134838_20225897.jpg
b0134838_20230945.jpg
もう 起きていること自体がしんどそう

水もとろみをつけるより
ほんの少しだけまともなものをのませる

おいしいという
乾いているけれど
いっぱいは飲めない

どんどん
枯れていくようにいなくなるのが
無理に点滴を打って
生きながらえさせるより
自然の姿なのだが

放送大学の面接授業で
人の命に値段はつけられないというその口で
最愛の人が死のうとしている
助けるためにいくら支払いますか?
ときかれて
億出す
いや 際限なく出す

といった人が数人いた

すでに値段つけてじゃん

できないことをいいなさんな

いくら最先端の医療技術でも
助けられない命は必ずある

だから
不毛とも思える道を進む人たちがいる

累々と横たわる
医療を受けられない人たちの死骸を
無きものにして

さらに
献体するという人がいるが
じっさい
私の父もそういったが

正直言って
本当に役に立つ献体は
生きたままのものじゃないと意味がないと
私自身が受けた治療で思ったのね

猫の耳が聞こえるかどうか調べるのには
全身麻酔をかけて
耳に信号を送り
脳波を測らないとわからないとのこと

自分の母親も
本人は見えると言っているが
実際は 右目が全く見えなくなっていることに気づかなかった
さらに どっちかの耳が聞こえづらい

ぜんぜん 見えない人の目のようではないのに
脳の中の信号のどこかが切れてしまったんだなと思う。

さりとて
不自由だと思っている様子も無く
見える方の目は私の裸眼よりずっといいので
うらやましいかぎりだ

不思議なものも見えるらしいし
千佳子と一緒だ

あらぬ方向をじっと見ていたりする

ときに
何やら話しかけたりする

私の足にからみつくのが
たまに千佳子ではない何かになることが最近あるが
気にならなくなった。

おかあさんの行動は動かないので読めないが
千佳子の行動は読めるようにはなってきた

チュールは嫌い
皿に入れたらカツオ味だけは食べることも
こっちの都合で大きな砂と
中くらいの砂をトイレに混ぜて
しかもデオドラントなもんだから
合成物の匂いがすごいのだが
部屋が臭くならないようにというこっちの勝手で
猫には拷問に等しい気がして

臭いがない 細かい砂を入れてやった。

おもいっきりそこらへんに砂を飛ばしているけれど

できれば 普通の砂にしてやりたいくらいだ

ねこばば

という言葉は

ねこが砂に上手にウンコを隠すことを言うのだそうだ
ばば=うんこ

最近の猫はウンコを上手に隠せないとか
猫医者に訊け!に書いてあったが
砂場自体
なくなっちゃったから
回虫に侵される危険がなくなったかわりに

アレルギーがどんどん増えたのだという話もあり

人がどうして生まれたのかという事がわからないので
医療はいまだに病気を治せず
薬会社は金儲けばかり考えている

空前の猫ブームって
ハムスターのブームが終わったのに
いいんですか?って思うわ

ネズミに負けない速度で
猫は子供を産むわけだから
しかも 人よりずっと速い速度で妊娠から出産まで行くわけだから

生態を知らないで
かわいいだけで 飼うなんて恐ろしくてしょうがないわ

まさに 北朝鮮からいつ核戦争勃発しかねない状態で
万が一 日本に一発でも落ちたら
それこそ場所が悪ければ
原子炉が山ほどあるわけで

さらに環太平洋地震の宝庫なわけで
世界中の地形と気温が変わるの間違いなし

北の大将がそれほど頭がいいと思えなくなってきたわ

もしかして心中する気なのかしら?

***************

15歳の少年が
自分はわかれる気がないとか言って
もうすでに振られているのに
元カノとその彼氏を刺殺したとか

なんか

まだ 携帯電話なんかSFの世界で
っていうかSF自体もあまり存在しなくって
ストーカーなんて言う病気も認められなかった時代に

その年頃の事件はいっぱいあったような記憶があるわ

大人になりきれない無鉄砲さが
犯罪の低年齢化というけれど
ちがうよね

退化してきてるだけなんだよね

戦後の退廃していた日本に
もどっているだけだよね

小学生位の子がたばこを吸い
商売やってた時代があったよね

私はもちろん知らないけれど
中学出たら就職してきた人たちを知っているもんね
赤貧と言われた人たちを
おかあさんは
仕事を教えて
生活の面倒も見て
つかってきたんだよね

みんな おかあさんより
男の人たちは
先に死んじゃったね

*********************************

なんか 昨日まで缶ビールが残っていたから
いっきに4本飲んじゃったけど
まるで酔えなくて
むしろだるさも無い

チェリーヒデと久しぶりに仕事をして
なんだか 楽しかったな

猫の話もして
それどころじゃない真剣にやらないといけない仕事だったんだけれど

オアシスのボーカルのうたう真似をしてくれたり
=わたしは 動きがムーミン谷のキノコかと思った

事務所で呼ばれたから行きたいんだけど
といったら

残した仕事は
まかしとけ

と めずらしく のりのりでいってくれたり

死ぬまでにやりたいことの
二つまでかなえたから

1.稲川淳二御大の生にお逢いする
2.猫を飼う

あとは何もないんだけど
そうだなあ

チェリーヒデみたいな
ちょっと 変な 音楽と映画の趣味の合う
猫好きな若い男をみつけて暮らそうかな
全部が全部 合わなくていいけどね
犬でもいいわ
鳥は嫌だ
臭いが耐えられない

できれば 隣が遠い敷地で
外に犬と猫を出せる環境の場所に住みたい

食べ物の好き嫌いがない人がよい
毎日風呂に入らなくていいから
歯磨きだけきちんとしてくれたらいいな

目が良い人が良い
私がほとんど見えないから
運転も好きな人が良い

飛行機の操縦はできなくていいから
カヌーくらいはこげるひとがいいな
持たなくてもいいから

******************************

やばい

めずらしく 猫がベッドの真ん中で
緊張も無くぐっすりだ

私はどこに寝たらいいんだ!

とっとと先に寝ていればよかった、、、

くだらないことを考えていたから
疲れが取れんじゃないか

b0134838_21045754.jpg
自分の子どもでさえこんなにくっつかれたことないわ
気が付いたら 下にいる

いつか踏み殺しそうで怖い





[PR]
by gavo220607 | 2017-09-05 21:06 | 永遠の戯言 | Comments(0)