<   2017年 08月 ( 84 )   > この月の画像一覧

とりあえず 8月は 乗り切ったってことで
職場は なぜか 年度末が 仕事が暇な8月なので
私以外の皆が棚卸をしておるのだが

私は 集金をおお忘れして
午後から 頭下げてお金をいただきてきた。

おかあさんと関係のある人に会ったら
何気なく

水も食事も受け付けなくなってきた旨をさらっと伝える。
かといって 直ぐに死ぬわけではないという事を
みんな知っている。

こんな状態で猫を飼う事を
ほとんどの人は別にどうってことないと受け止めてくれている。

かつて
私は介護してる人間が
犬猫に救われたという話を見聞きして


はぁっ?
って態度であったことを反省しよう

介護って
最期の方になると
やれることが限られてきて
むしろ 暇になるのよ


仕事もってないと
折れると思う。
黙って死を見ているだけって無理だから
健康的な人間の精神と肉体って
どうしても生産的なことを求める気がするのよ

介護鬱って
たぶん ずっと最後まで大変なことが続くんだって思っちゃうから
なるんだろうなって

続かないんですよ
食べなくなり
飲まなくなり
静かに逝くのを待つだけなんですよ。

たまに 唇を濡らしてあげても
甘いものはつらくて
水だけにしてほしいとか言われるんですよ

なぜか ヘルパーさんたちも
書くことが少なくなってきて
おかあさんが全くしゃべらなくなって寝ているだけだから

無呼吸があったか どれくらい続いたかとか
おしっこが出てなかったとか 少し出ていたとか
最初のうちは
夜中に何度か替えないと
もれちゃったのが
おしっこ自体でなくなるわけだから
一日一回でよくなったりするわけで

台風のでかいのが通過するらしいから
屋根に上ってダクトにゴミがつまっていないかを確認するために
15分早く帰らしてもらって
明るいうちに よろよろと屋根の高いところまで登って
ゴミを取って
窓をしっかりと閉めて

おかあさんの口元を水で濡らしていたら
小さい声で 「何か食べる」と言ったので

ゆっくりと 時間をかけて起こして


b0134838_19031042.jpg

b0134838_19083854.jpg
今日 ついたムース食とおもゆを作って
半分は捨てるつもりでゆっくりと食べさせていたら

「おいしい」


「まだ たべたい」

と 消え入るような声で言うので
つい
全部取らせてしまったんだけれど

あとで後悔したのね

食べるのも体力がいるから
無理させすぎると
最後の方がのどのところにへばりついてるのね

洗浄ガーゼで
念入りに拭いたけれど
奥までは取れないのね

機械で取っても限界があるし
これはすごく苦しいのね
自分でやってみたらわかるんだよね

私は
おかあさんにやるものに関しては
必ず自分にもやってみてるからね

鼻から入れるのってしんどい上に
肺の空気が吸い取られるような感じになるからね

明日の午前中に訪看さんが来るからね
ひどかったらやってもらうんだ

これが最後の食事だと思って介助するわけだ

それが 適当なものだったら
後悔するかもしれないなあとちらっと思ったけど

いままで
やることはやってきたから
もういいやって
気もして

さすがに
おかあさんには

もういつ死んでもいいよ

って 言えなくなっちゃったのね

いまのところ猫アレルギーも出ないし

「あんたの猫かい?」

とかも いったりするのよ

なんだか 申し訳ない気もしてきたんだよね
1人でみおくれないから
猫飼っちゃったんだよねとかさ


*******************************************

なんと

やはり 空腹は 最良の食欲なんだわね

どうせ食べないんでしょうよ

と 5種類作った食事を全部捨て
b0134838_19464025.jpg
しらんわ

いうて

冷蔵庫を開ける音が聞こえたら
すっとんできて一緒に眺め
猫の餌棚をあけると
一緒に眺め

缶詰買ってきたけど
今日は出しませんで

食べたいなら

これしかないわあ


掌に二つぶ カリカリを乗せたら

ものすごく下手くそなんだけど
やっとこさ食べたので

しめしめ

とおもって

5粒
10粒と増やしていき

お皿に少し入れて
振って見せたら

なんとか食べ始めたので

b0134838_19492038.jpg
よしっ!
と 心でガッツポーズをとったも束の間
数粒残してやめやがりました

おかあさんが
食事している間
ナオナオナオナオナオナオと鳴きながら行進してましたが
そのうち
おかあさんのベッドの下をガリガリやりはじめ
いつのまにか どっかに消えてよんでも来ません

しゃあねえなあ とおもって
食事介助を終えた後

棚をあけたらきやがったので

じゃあ

おやつでチキンなんか
食べるのかねえ
あんた魚派だよねえ

と もにもにもにもに
手で崩して
掌の温度で温めて
座るまで待ったら

まあ くいつきましたね

ただ ちょっと不思議なのは

この子の舌
ぜんぜんザラザラしてないんだけれども
舐められても犬みたいな感覚なんだけれども


まさか 突起がないわけじゃないよなあ
そのせいで 食べ方が下手なんじゃないよねえと、。。。


この猫をすすめてくれた保護施設の代表は
今月の初めころ
代表のFBで
こう書いてらっしゃいました。

相談事例

Sさん70代

年配の女性が来店
現在一人暮らしで何年も
猫を飼っているが、
ペット不可の賃貸物件。

大家さんにばれてしまい
退去か猫を処分するように言われたらしい。

最初、引っ越しや猫の里親探しを勧めたが、
話をよく聞くとそう簡単にはいかなった。

Sさんは御主人が亡くなり
身寄りがなかったため
帯広にいる姉を頼って
猫を連れて本州からきました。

今の賃貸アパートに入居する際に姉に全て任せたので
ペット可等確認しないで借りてしまったという。

現在、Sさんはいくつかの病気があり通院中
生活面保護も受けており
古いワンルームに住んでいる。

引っ越しするお金もなく
食べていくのに精一杯。
猫のご飯も一番安いドライフードと花かつお
トイレは新聞紙をちぎって使っているそうだ。

今の病状を聞くと
あと10数年、Sさんは生活面、健康面から
猫を最後まで面倒見れないと判断し
当会に連れてきてもらうことになりました。

このような事情の方から
月々の飼育費は
いただけませんから
その分、当会に負担がのしかかります。
当会も運営が大変な中、約80匹
の猫たちを保護、管理しています。

猫さんは
7才の女の子、白黒で
明日wishにきます。

昔、旦那さんが子猫の時に拾ってきてミルクで育てたそうです。
猫もSさんも幸せになってもらいたいです。
現在子猫爆裂で90匹くらい
いるのではないかと思われますが

猫も ほんとうに個性的で
一匹として同じ性格のものたちがいないのは
頭の中でわかっていたつもりでも
実際に
よく管理してるよなあと
感心するしだいで

愛情をたっぷりあげて頑張って
気長に何を食べるか見てあげてくださいとのこと

愛情が何かわかっていない私
b0134838_20132556.jpg
私のベッドには上がりますが
一緒には寝る気はさらさらないらしい
抱っこされるのもかなりいやらしい
b0134838_20143580.jpg
食べたい時と毛づくろいを強要するときの態度が一貫している
誰に対してもこの姿勢を崩さない
欲望が満たされたら
どんなに呼んでも階段の上から動かない
なぜか 名前を呼ばれたらすっとんでくるという特技がある
b0134838_20182407.jpg
暗闇と同化するすべもある
b0134838_20192067.jpg
半端なくどんくさい動きをするが
部屋から逃げ出そうとする姿勢と
どうも 飼い主が一番嫌がる
もしくは こうしたらいやでも動くであろうという場所を知っている
b0134838_20205074.jpg
飼い主
しかたなくつくえのうえにあがってたのしめるように
いろいろものをどける

腹いせに 猫が近づいてきたときに
大きなおならをこいてやるも
5回に一回は報復されてはんぱないくさい屁をこいていく猫

口がくさいのかと思って
追いかけて行って
口の匂いを嗅ぐもやはりおならだったらしく
くやしいので
尻を拭いてやる

耳の中も掃除する
歯の状態をみようとして逃げられる

なにやら 抗議して鳴いている

私は気にしないで寝ることにするのだ

明日の朝までごきげんよう

食べないのはあんたが悪い


とりあえず
一日二回

会社に行く前と帰って来てから
ブラッシングと蚤櫛と豚毛ブラシをかける


でかい猫が欲しいが
4.3Kの猫で我慢する

おかあさんが明日の朝も息をしていますように



あまり夜中に私を起こしに来るのはやめたまえ
一緒に寝る気も無い癖に

顔をまたぐのもやめたまえ

b0134838_20360997.jpg
親友のノンちゃんと
しばし
猫と(むこうは二匹)
介護している親の話をする

ラインの方が楽だとお互いに思っているが
私の付き合いがあまりにも悪い

っつうか
無駄な金を使いすぎたので
出て行かないように対策をねっている

目に見えなければいいのだ
カードも使わなければいいのだ

町に出なければいいのだ

ネットも見なければいいのだ

写経でもするか
猫が腕の上に立っておりますが何か?














[PR]
by gavo220607 | 2017-08-31 20:39 | 在宅介護 他 介護一般 | Comments(0)

まだ若いのに

b0134838_8341236.jpg

惜しいかたを亡くしたなぁ


なんか 頭いたい
[PR]
by gavo220607 | 2017-08-31 08:34 | 在宅介護 他 介護一般 | Comments(0)

b0134838_07523317.jpg
これしか食わねえ

カリカリことごとく逆鱗

ウンコ しっこは大胆にしたりする
b0134838_07540929.jpg
b0134838_07542198.jpg

外に大変興味があるらしい

用意したものすべて無視され
今も邪魔されております
b0134838_07552374.jpg
わたしとおかあさんのベッドの下を爪とぎ場にし

私のベッドに鎮座しております

画像は無し

とりあえず
私の部屋に閉じ込められる可哀想な身

じゃ!←飼い主になった人会社へご




[PR]
by gavo220607 | 2017-08-31 07:56 | 生き物バンザイ | Comments(0)

48時間の壁 というのがございます。
実際は24時間以内に医者が一度診察に来ていないと
不審死となる ということで
警察が入ることになるらしいですが
実際のところは48時間以内とほまちがあるらしいです。

おかあさんの心臓はとても順調に力強く動いている。
b0134838_07294696.jpg
ただ 他の臓器がそれについていけるだけの余裕がないらしく
無理に食べさせたり 飲ませたりすると
逆に苦しくなるということもあり
動きも 体の中の細胞も
それほど活発ではないので
手足が冷たくなることが多くなり
温かくなるうちはまだ 口を湿らせたり
スポンジで水分を取ってもらったりできますが
b0134838_07300262.jpg
唇が渇くからと言って
へたに 薬で補助しようとすると
口の中に白い油だけがたまって気持ち悪そうだ

それだったら
とろみも何もつけない水分を少しずつのほうが
本人も 目ががびっと開いたりするので
反応があるうちは
それなりに 私が補助する形です

ただ 普通通りに仕事に行き
あした9月からは
金曜日 午前中 訪看さんが二人体制でおかあさんの体に無理がかからないように
介助してくれ 午後からはヘルパーさんが清拭してオムツ交換と着替えなどしてくれる
ただ 水分や ゼリー ヨーグルトなどの食介は危険なのでしない
土日は私が様子を見て
月曜日は金曜日と同じ体制
火曜日、木曜日は 午前11時 午後4時とオムツ交換に30分ヘルパーさんが入り
水曜日は午前一時間ヘルパーさんが清拭着替え オムツ交換にはいってくれて 午後は30分オムツ交換にはいる
月一 月末の水曜日の午後4時に次回の往診が入りますが
水分 食事をあまりしない状態でどれほどもつか
わからないので 腹式呼吸が頻繁になったり 片呼吸 下顎呼吸がみらえたら
すぐに 医療従事者に連絡する と 要観察が続きます

なぜ 病院に連れて行かないのかと思う方もいるかもしれませんが

連れて行っても 老衰である場合
どこもわるくないわけだから
むりやり 点滴をしたところで
皮膚から漏れ出てくる可能性もあり
点滴なら 家でもできるし

昨日 する予定であった血液検査は

もう しなくてもいいだろうという医師の判断で
痛い思いはさせないですみました。

今朝は オムツを換えようとすると

「パンツは汚れてないから触らないでいい
家に帰りたい」

と いいました。

ここは家だと言っても

おかあさんが帰りたい家はここではなく
脳内にあるのです

良い夢を見てほしいので
私は何の否定もしません

名前を良く呼ばれるので
必ず答えることにしています。

当然何の用事もないらしいです

呼んでみたかっただけなのです


おかあさんが 愛おしいです

はじめてそう思います。

早く楽にしてあげたいですが
彼女が生きたいだけ生きてもらいます。
b0134838_07302782.jpg
おかあさんは とてもとても おだやかにすごしております


ちなみに

昨日の診療で もっと弱っていると思っていたらしいレアキャラのお医者さんは

あれ?

あれ?

あらーとかいって

この感じで少し様子をみましょー

とおっしゃってました。

またくるよ と おかあさんに声掛けしてくれたのですが
返事がなかったので
意識がないのかなあ と ひとり言を言っていたので


おかあさん
せんせい ごくろうさまですっていってあげて

といったら
いってました。

知らない人とは話をしたくないだけだったらしいです

かわいそうだけど
医者は 死亡通告を出す重要な役以外は
レアキャラなのです

ヘルパーさんや 訪看さんの一部の人の顔と名前はしっかりと言いますでなあ

[PR]
by gavo220607 | 2017-08-31 07:33 | 在宅介護 他 介護一般 | Comments(0)







業務連絡日誌 控え 朝 ヘルパーさんへ

2017年8月30日(水) 午前6時4分 台風接近中(15号) 亡き父23年祭
b0134838_07285877.jpg
夜中 明け方 「わーーっどこにもいかない!」
と 叫ぶこと数回 声が枯れても 突然叫びました。
b0134838_07293223.jpg
昨日から固形物は食べておりません。
水分も縊ると舌を濡らす程度。
b0134838_07295240.jpg
スポンジに湿らせたとろみをつけていないものを チュッチュッと擂って後くんと飲み込む姿有。
b0134838_07301125.jpg
おしっこ 4 回分
便付着 無
痰がらみ 無
発声 有
「金は全部支払った」
「がぼ 金は無いよ」
食欲 確認できず
桃のジュース スポンジで数口吸う
b0134838_07331055.jpg
b0134838_07304202.jpg
一瞬 甘さを確認した時の覚醒した顔がかわいらしかった。
すぐに寝る。

b0134838_07311959.jpg

ジュースを少し下の上に乗せた後の とてもいいお顔。
数回ですでに 意識飛ぶ
b0134838_07314638.jpg
でも 頭をあげてみたりする
飲み食いしない分 浮腫みも減って 今朝はとても楽な感じだった。
少し起こしてみましたが 左腕はかたまっており 右手は 朝は力が入っていない感じだった。
b0134838_07321209.jpg

すぐに 寝る 一瞬 息が荒くなりかけたが 直ぐに収まる。意思の疎通はできていた感じ。

昨日 突然 「うどん!」「ばなな!」と叫ぶことあり。一応 用意して有る。
最後まで しっかりと 言葉を聞いて姿を見守ることを誓う。

b0134838_07323263.jpg
今日は 朝 8時前に神主さんが来る予定なので 
いつもより念入りに 

おかあさんをご先祖様全員とは言わないが 
お父さんが迎えに来てくれますようにと 
飾り付けた。

まあ 自己満足です。おやつや果物は私が責任を持って頂戴します(きっぱり)。

もうしわけありませんが 
この先 どれだけ続くかわかりませんが 

どうか 最後までよろしくお付き合いよろしくお願いいたします。

b0134838_07332860.jpg
幼馴染の形見のバックも
福山雅治さんのプロデュースしたのかどうかしらないけど
靴下も もう 使う事が無くなると思うと
感慨深いものがある

靴下は細すぎて
私は履けませーーん
ルーズソックスみたいになっちゃうんだよね
足ぶっといから
b0134838_07350719.jpg
おかあちゃん

今日も
おかあちゃんとおとうちゃんがたてた
会社に行ってくるよ

11時に ヘルパーさんが来るからね
お昼は帰ってこない予定だけど

たぶん

1時過ぎには帰ってこられると思う

まあ がんばって←おひ



[PR]
by gavo220607 | 2017-08-30 07:36 | 在宅介護 他 介護一般 | Comments(0)

チーム全部がいなくなるってことなんだよね

当たり前のことなんだけどね
すでに 4年間も一緒だったわけだから


ただ 4年前に
施設のスタッフとお別れして
なんどか 会ったりしていたけれど
施設内に入ること自体ためらわれるようになり
2年前に デイケアに行けなくなって以来
まったく 部外者なうえに
ボランティアにも行っていないし
関わってくれていた人ほとんどが辞めてしまったという
とんでもない状態で
来月からショートステイにもいかなくなるという事は
休暇が取れなくなるだけではなくて
信頼していた人たちと会えなくなるわけで

おかあさんを介していたから
話もできたけれど
病院はもうはるか昔に
会うべき人たちもいなくなったわけで

いざ 私一人になってしまったら
ほんとうに
気が付いたら
何もかもいなくなっているわけで

放送大学なんて言うのは
卒業した段階でアウトだし

もともと めんどくさい事は嫌いなんだけれど

あんまし 一人でいると
学ぶことが何もなくてつまらんのよ

ってことで
このまま 煮詰まるのは精神的に悪いわけで

おかあさんが 壱日2日乗り切ってくれたら
千佳子を迎えに行こうと思う

まあ まて

ってことなんだわ


この映像よくできてるね
なごむ

正直

でかい猫が欲しい

でも 千佳子はおばはんだから
私のようにデブってはいかん

今日は半日背中と胃がものすごく痛かったんだよね
これは 背中がこっているからなんだよね

筋肉伸ばさないとやばいくらい
胃に来るわ

失敗したよなあ

先週無理してでも
マッサージに行っておけばよかった

なにかで ゴリゴリしておこう
あとはストレッチしよう

これからが正念場だしね

b0134838_20172879.jpg

人は必ず死ぬんだけどね

これは 朝の段階の図で

いまは 枕を低くしてあごを上げております

しかたないから
今夜はついててやるよ←おひ

あしたは 神主さん
8時の約束だけど
多分 7時半にはくる可能性が高いから
それおわったら
会社に行くしね

チェリーヒデが優しいのが救いだよ
彼になるべく負担がかからないようにするのも
私の負担にならないってことだから

介護したことない人たちは
私が介護で抜けること自体が
仕事ができなくなるって恐怖につながるからね
代わりがいないってのは
いろいろ大変だよ

どんなことにでもいえるけど
できない人でもいてくれてありがとうってことを
学ぶべきだよね
つくづくそう思う

ちゃんと 教えれば
時間がかかっても
綺麗で丁寧な仕事ができる人は貴重だよ

私は雑だからなあ
いまいち
信用されてない

ぷぷ


[PR]
by gavo220607 | 2017-08-29 20:21 | 在宅介護 他 介護一般 | Comments(0)

担当の訪看さん 来る

午前中 訪看さん二人訪問時 
呼吸法に異変あり
担当チーフで三人体制で判断の上
私の携帯に連絡有

朝の状態があまりよろしくなかったのと
楽観していたところあり
帰ってみてびっくりの状態だったので
訪看チーフに電話
まもなく 担当医から電話が入るであろうこと示唆され
時間を決めずに入れるときに訪看チーフも入ることに決定

すぐに担当医 昼休みとタイミングよく訪問してくれて

心臓は不定脈無
呼吸は腹呼吸になっているが
たぶん 脳に何らかの支障があって
足の裏をこすったら
親指が反り返るのは異常を示しているとのこと

普通 24時間以内に医療行為があれば
法にひっかかることはないが
最高48時間以内に診療に入らないで亡くなった場合
法律上 検案としてひかかるので
なにかあったらすぐに連絡するようにとのこと

すでに 危篤時にどうするか
書類で各チームが確認し合っているので
その通りに動くこと再確認

すこし 昼寝していたら
「おかあさん」と母親のひとり言あり

普段聞いたことがないセリフだったので
びっくりするも
このところ
介護している醍醐味みたいなことがいっぱいあったので
しるしと言えば しるしだったのかなあとおもいつつも

直ぐに死ぬとは限らないのは承知の助である。

いま 訪看のチーフがきて
血圧正常
呼吸も正常

いつどうなってもおかしくはないけれども
心臓が強いので
このまま おかあさんに負担にならない体制を組み直すという話になり

★ ショートステイは この先 無しにする:環境が変わることに対する抵抗力がかなり下がっていると判断

★ 訪看は二人体制でこのまま週に二回 洗髪と摘便を兼ねて状態を見るので
  私が特に摘便を一人でして おかあさんと私自身に負担がかかることをさけるため
  出た便だけふき取って あとは訪看さんに任せる:便が出たことによって血圧が下がり過ぎることを避けるため

★ ショートステイに行かない分 私にも負担がかからないように
  ヘルパーさんの週一回の全身清拭を週に二回にしてもらう
  ただし ヘルパーさんの給水 おやつ補給は危険なためやめてもらう

★ 会わせたい人がいたらあってもらう:これはもう 無いと判断した。

★ 食事補給 水分補給については しばらく様子を見て中止する
  ある程度脱水にしておいた方が 介護される側の体への負担がかなり軽くなるため
  おかあさんが欲しがった場合のみ スポンジでの湿らせなどは可能

ちょうど明日 月例の訪問診療と ケアマネとのミーティングがあるので
マネジメントはしてもらう。

私自身は 仕事は休まずに 行くことに
ただし 明日は お父さんの23年祭(仏教でいえば23回忌)にあたるので
神主さんが 朝の8時に来る

様子を見ながら 休むかどうか検討中

はやい時期に 千佳子=猫 を 迎えに行くかどうか思案中


すでに 4年間も家でみていて そのまえに施設などに通い 合計11年間介護にいろんな方向からかかわると
健常な体で 自分で身動きできる介護者が
死にかけている体に対して(老衰)健常者と同じ考え方で
本人に成り代わって判断すると
むしろ 苦しめる場合も多いのだという事
見かけ苦しそうでも
本人はあまり苦しくは無い場合があることなど
わかってくるわけで

ただ 法律の壁というのがあるので
肩呼吸 顎呼吸が始まったら すぐに医療従事者に連絡を取り
判断を仰がないといけない状態にはなってきている
b0134838_16384250.jpg


私の気配が消えると
なぜか 直ぐに気付く

呼ばれる

大きな動物は
たぶん
ほとんど 

同じような状態になる

介護したものじゃないとわからない
そんなものが確かにある

良いとか悪いの問題ではなく


私たちにできること
私たちとは チーム I (おかあさんのなまえ)が
おかあさんを最後まで 綺麗な体で 苦しまないように 看送ること
残った私に 後悔が少ないこと
がっくり落ち込まないように最後までサポートしあうこと

を モットーにいきます



二ヵ月が四年続いてるわけだから

今回はどうなるか
まだ だーれもしらない

だーれも←稲川淳二さん風に


冗談はさておいて

定期便で取っている介護食をまず断った

生活はほとんど変えることはない
ただ 医療従事者を入れるタイミングを
間違えないようにするだけのことだ

こわがることはないのだ

検案にひかかったところで
私がこの4年間やってきたことに
なんら 後悔することはあまりないのだからね

ほんとうに
なんでも 時間がたてば
それなりに
方はつくものなんだなと思う

猫を受け入れる気持ちになったのも
寂しさでつぶれないため

それでもいいのだとおもう

猫は人ではないので
人と代われるものではないけれど

猫は猫らしく生きてくれればいいのであって

私は宿と 餌と水と 綺麗な砂を提供するだけなのであって

おかあさんの代わりにはならないけれど
助けてもらいたいと思ってはいる

[PR]
by gavo220607 | 2017-08-29 16:29 | 在宅介護 他 介護一般 | Comments(0)

実感がないのよ

これから医者が来るわ

法律上48時間以内に医者が入らないと検案になるので
大騒ぎにならんように
午後は仕事に行かない

明日は
お父ちゃんが死んで23年


[PR]
by gavo220607 | 2017-08-29 12:48 | 在宅介護 他 介護一般 | Comments(0)

b0134838_98374.jpg

実際
起きてみないと
すべての事は

対岸の火事

おかあさんの不穏も重なって
つい 過食に

朝から大雨で
納品物をカバーするのに
すでに体力面は最悪
[PR]
by gavo220607 | 2017-08-29 09:08 | 在宅介護 他 介護一般 | Comments(0)

逃げろったって無理やん

いま 北からミサイル発射されたとかで
雨の中
町内放送ガンガンなってます

携帯にアラームも来たけど

どうせいっていうんじゃい!

とりあえず
おかあさんのおむつ取り替えるわ

子どもたち無事で

千佳子

無事で


今朝なあ

胃が痛くて目が覚めたけどなあ

元姑が家の中の掃除をしていて
わたしに

「あんた 帰って来てくれたけど
全く掃除しないんだもん
いてもいなくてもいいわ」

って 半端なく皮肉られてなあ

むかついたんだわ
そんなこと言う人じゃなかったから
夢の中の人は
別の人だろうと思うけれど
爆弾よりきくのよ

この 過去からの亡霊が

北ごときはきにしてられない

6:14 通過だと


[PR]
by gavo220607 | 2017-08-29 06:07 | メモ | Comments(0)