以前 車椅子でも余裕で食事ができるお店として
名前が上がってはいたけれども
一度も入ったことがなかったお店に行ってみた。

名前がとても不思議

b0134838_20471161.jpg
ずむしてい さん

奥様と旦那様が半端なく親切です
疲れ切っていったけど
完食いたしましてね
この鍋 結構大きいんですよ

いやー
全食試したいです

今回はオーソドックスに
メニューの一番上のをいただきましたが
しばらく続けていきたいと思っております。

やっぱ
カボチャが最高かもね

最後まで飽きずに飲みきれる

ええわあ

ただ、、、


カウンター席から見えるあるものがものすごく気になりましてなあ

つい

叫びたくなりましたわ



ガンダムは世代ではないので
どちらかというと
同僚のチェリーヒデの得意分野であるのですが

ジークジオンちゃらかいてある
白い湯呑の横に
でかい
赤いプラモがありましたわ

もちろんザクではありませんわな

あのかたの
モデルですわな

聞くまでも無く
その年代なのでしょうなあ

全部食べるまで
潰れないでくださいね

其れだけはお願いしたい



[PR]
by gavo220607 | 2017-08-15 20:59 | メモ | Comments(0)


おかあさんの時もかなり冒険した。

家に連れて買ってきたときは
施設では ドロドロの食事で麺は禁止と言われていた。
たのんでもソフト食は与えてもらえず
刻み食もあったから
誤嚥しやすい人には
物凄くつらい環境だったと思う。

おかあさんは すでに 傾眠傾向にあり
あまり持たないだろうなあと思われていたふしがある
3度ほど 施設から緊急の呼び出しがあり
そのたびに
死ぬ死なないで施設に戻ったり病院にすぐに入れられたり
最期の三回目では
あっというまに 部屋の中の私物が全部物置に移動されていたのにはあきれた。
せめて2日間も待てなかったのかと
7年もいたら どんなに 毎日のように通って手伝っても
そんなもんかと

それなら 家でみるよと思うようになってきたので実行した。

最初のうちは
デイケアに通って
随分と優遇されていたような気もしたけれど
ケアマネの方の指導もあったのか
介護保険の関係なのか
どんどん ケア自体がゆううつなものになってきて
人が足りなかったこともあるんだろうけれど
あるとき
ショートステイにいったら
大声出して迷惑だみたいなことを言われ

いままで 避けてきた町の経営する特養にお願いすることに名なった。

あまりに 家から近すぎて
しかも 昔からのイメージが強すぎて
避けてきたが
もともと 初代のケアマネの代に いろいろと方針が変わったらしく
勉強会も多いし
研究熱心な人たちが多かった。

むかしむかし小学生の時は
いろいろとしがらみがあった気もする同級生が
トップに立っていて

いまでは 猫の話も相談に乗ってくれる

仕事とはいえ
すごい人だと思うようになった。

おかあさんを 家に連れ帰って
自分で手をかけてみなかったら
きっと どこかでずっと何か重いものをひきづって生きて行ったかもしれないけれど
施設に入れることが悪い事ではないのであって
その時はその時で精いっぱい考えてやったことであり
いまだから
できることがいっぱいあるのだと思っている。
やれること やれないこと
自分と折り合いをつけていけばいい


私はとてもわがままなので
やりたくないことはとことん我慢してからとっととやめて忘れる

生き物に対しては無理だ

介護に対してもやりたくないと思ったことがほとんどない
信じられないくらい疲れた時は
一回ぐらい時間が遅れてもいいと思えるようになったし
四角四面でなくていいのだ と割り切れるようになった。

それって 弱っている動物を無理やり起こしてご飯を食べさせても意味がないってことだ
人間も 大きな動物で
少しの水だけでも何週間かはもつのだ
神経が死んでいくから痛みもあるけれど
そのうち細胞自体が死んで行って
もう 何も吸収できませんとなったら
点滴でさえ漏れだしてしまうのだから

無理に 夜中に医者に走っても
できない事の方が多いとわかる

まあ そんなことは なんどか 経験していけばわかることで
おかあさんは 死にたくない様子だ

まだ 口から食べられる

かつて 麺がだめだと言われたけれど
車椅子にのせて いろいろつれまわして
大声を出してもとめないで いたら
どんどん 固形に近いものが食べられるようになってきた。
そうなると 強い
歯が一本しかなくなっても
大事にして 口腔ケアもきちんとやっていたら
熱を出すことがまずない

歯茎だけで噛まれたこともあるけれど
結構痛いもんです。

いぜん おかあさんより若くて 胃ろうにしてから
そんなに待たずに亡くなった方がいらしたんだけれど
口から物を食べたいと言って
娘さんの腕をかんで泣いていたのを見たことがある。

胃ろうって簡単なんですってねと
神主さんがこの間いってらしたけれど

冗談じゃない
あれは ゆっくり入れるから30分くらいかけないといけないんだ
朝の忙しい時間帯に
半端ない速いペースで看護師が片手間に入れているのを見た時
ものを言えないおばあちゃんがないていたことがある
胃ろうにしたからって誤嚥しないわけじゃない
弱っている胃の入り口が閉まらないで
逆流したら それで誤嚥して肺炎で死ぬ

かんたんだというのは
見たこともやったことも無いからだ

やったことがある在宅の方は
すぐに 雑菌がついて炎症を起こしたり
くさったりするから大変だと言ってらしたし
実際 病院で 誰も来ないお年寄りこそ
ひとくちのなんだかわからないものを口から無理矢理入れられて
もういらないね とか とっとと やめられたりする姿をみるにつけ

誰も悪くはないんだろうけれど
なんのための入院か?
なんのための食事か?
生かされているだけなのか?
早く死ねばいいってことなのか?

金払ってるからちゃんと面倒見てくれるのが当たり前だと
思うのも間違いで
人が育たないのは 時間で何もかも縛るからで
風呂に週に二回も三回も入れなくても
ちゃんと おしっこウンコのリズムをわかっていて取り替えたら
いちいち ぬるま湯で洗わなくても臭くはならないわけで
顔を拭くのを一回くらい忘れても
それほど 汚くはならないけど

そういえば 施設にいる時 綺麗だったことがない。
いまのショートステイのほうが むしろ 良い感じで帰ってくるわ

なんなんだろう

それでもいいと 私が思ってきたのがいけなかったんだろうか?

ともあれ
介護してくれる人を批判してはいけないと思ってはいる。
ひどすぎたら 自分でやればいいだけの事だから。

いずれみんな年を取る
そのときに 介護がそんなに大変じゃないってことを
動物を飼っていた人たちはわかってるんじゃないかなあと思う。

猫アレルギーイヌアレルギー馬アレルギー いろいろあるけれど
人間のおしっこアレルギーの人もいるんだってことが最近分かった。

いやなことはやらなくていいよ

と思う。

どうでもいい戯言を並べたがいつものことだ
本題に入る。

家で迎える予定の シニア メス 避妊手術済み 健康 家飼い 一匹飼い向きの 彼女

b0134838_20134291.jpg
千佳子(ちかこ)と呼ぶ予定
もともと チビと呼ばれていたらしい
元飼い主さんも ち の付く名前の人らしい
私の名前の一部で
チェリーヒデが命名予定の
アンリだの洋風の名前は却下という事で
もしかしたら
先に 欲しいという方が現れたら
残念またね!
って 二度目は無いんだけれども
とりあえず
会えるときは

ちーちゃん

とか 呼んで
第三者的に自分を見ると
気色の悪い私

まあ いいじゃないか!

食事はカリカリ シニア用
着色料無だそうな

この近辺で買えるであろうものは
三種類
ピュリナワン


ヒルズサイエンス


アイシアミャウミャウ
ちょっと 遠出して
和の極み

最近

これって 釣りじゃね?
人間も食べられるってどうよ?ってのもあるんだけど


正直言う

おかあさんが 最近よく食べるのはこれだ


むしろ 完璧にドロドロしか食べられなくなったら
その方が簡単なわけだよ

ハンディミキサーだの
マジック○○○○でも使ったら
ほとんどのものは
かんたんに作れるわ

ただ
ごはんだけは
宮源さんのお粥ゼリー
もしくは
ムース剤が重宝しております。

豆腐と併用して
使えるしね

とろみ剤は
その人その人の嚥下の状態に合わせて
選ぶといいし

私は 
これ一本に絞りました。

人間でさえ 難しいんだ
猫だって 病気にさせない努力をするとしたら
とんでもないくらいなんだろうけれど


猫を飼っている人たちは

病院で買えるものがいいという方
近くのお店にあるものでいいという方
それぞれなので

もう

生命力に任せることにいたしました。

試してみたいものがいっぱいあるんだけれど
量が多すぎて
あきまへん

子どもの時は自分の手作りだったらいいと思っていたけれど
あの人たち
私が料理が下手だったせいか
あまり食べなかったわねえ

ってことで
すでに
わたくし


人間失格でございます。

ああ つかれた

b0134838_20401114.jpg
おまえ
私が頼んだ餃子は?



忘れた!











[PR]
by gavo220607 | 2017-08-15 20:40 | マカナイ | Comments(0)

b0134838_18245440.jpg
なんだか 機嫌悪いのなんの
b0134838_18253669.jpg
ごはんもあまり食べたくなさそうな様子
b0134838_18260075.jpg
今朝 圧力鍋で作った大根の煮つけ
b0134838_18270459.jpg
チキンカレーと合うとは思えないけど
まあ いっか

食事を咀嚼して食べるという行為は
人に介助してもらったところで
体全体に力が入って行う行為なので
かなり疲れるらしい

そういえば
私は普段は姿勢よく食べているつもりだが
気を抜くと
半端なく猫背になっている時がある
胃に負担がかかるだけではなくて
満足度も変わってくる
背筋を伸ばすという行為は
かなり緊張と筋力がいるのだわ

足を組んで食べる癖がある人がいるけれど
あれはかなり体には不健康な事だと思うわ
行儀がいい悪いは
お金持ちで育ちがいいと思われる方でさえ
やったりするので
結果
消化器はかなり痛んでいるんだろうなあと思ったりもする。
腕の上げ下ろしも
かなりの筋力を要するので
なるべく
自分で食べてもらえるうちは
一口でも二口でも
自分で口に物を腕で持って行ってもらいたい
そうしたら
まだ 話ができる
それが 戯言だと思えても

耳に痛い事でもだ

ちなみに

今日
おしっこ臭いなあとつぶやいたら

「あんたのせいだよ」

言い返されました。

たぶん
私が作って食べさせているもののせいだという
大変理にかなった反撃です。

ぼけたって
バカになったわけじゃないからね
バカになるって
難しい事だよ

ともあれ
反撃されてるうちは
此方も楽しいわけで

これって

シャーっってまくる猫がかわいいっていう人と
同じ心境なんだろうか?
ちがうか

ま ええ


結果 ご飯残される
一日二食しか食べてないのに
どんどん 食が細くなっていくが
いまだに いらないとかいるとか反応があるからそれでいい

b0134838_18271889.jpg
申し込む以前に
クレジットカードの番号を入れろときたから
途中で登録やめたにもかかわらず
送られてきたカタログなんだが

看護師より介護士の方が高いのは
ペットの関係だけだろうな
逆の気もするけれども
人間の方がおかしいのかな

介護は忍耐がいるけれど
看護は結果を求めるから
どうも 早急に物事を判断させられて
知識もかなりいるようで
非人間的になっちゃうから
ユマニチューどどか言う
もともと介護士はやっていることを
学んだりするんだろうなあ

これも

実際のところ
看護と介護を決定的にわかる医療行為の
内容があいまいになってくると思うわ

最期は注射をうてるか
針を刺せるかどうかってだけになると思うわ
戦時中を考えたら
介護が基本にあるってことを忘れつつある気もするしね

あれもこれもやらされて
とかいうけども

あれもこれもできるから
期待されるのであって
そうじゃなかったら
リトルドクターになっちゃうだけだもんね
そんなもん
誰も期待してない

大変なのはわかるけど
線引きが大変だろうと思うわ

さて

放送大学の教科を登録してないんだよね
どうも
ちょっと離れたくなった
あっちもこっちもは無理だから
実用的な方を選びたい

勉強することに喜びを感じられなくなったら
年なんだと

ほんまけ?

ごめんなさいなんだが
まったく
このことに関しては
動物が大好きなわけじゃありません
ペットにかかわる仕事がしたいわけでもありません
もっとペットについて知りたい?
うん
そこはちょっとかじるかもしれないけれど

純粋に動物愛に満ち満ちた人たちには理解できなくてもいいと思いますが

おかあさんの時と同じで

好奇心に勝てない自分がいるのです

人間の事ですら
正直好きかどうかわからんのに
ましてや 動物に愛情が向くとは思えない
ただ

興味津々なわけです。

すんません
おもしろいことにはかてないんだわたし



[PR]
by gavo220607 | 2017-08-13 18:42 | 在宅介護 他 介護一般 | Comments(0)

b0134838_19464747.jpg
今日の料理
って
番組は最高だね
土鍋ひとつでできる料理だもの
ちょっと塩がきつすぎたけど
美味しいよ
ごはんは美味しいよ

たことショウガだけだよ
醤油は入れちゃダメ
タコから 赤い色が出るから
ごはん最高
b0134838_19493278.jpg
b0134838_19495332.jpg
b0134838_19500516.jpg
おかあさんが料理に使っていた鍋
うち鍋もついていてとても使いやすい
料理はストレス解消にとってもいい

******************************

今日は仕事から帰ってきたら
乳母だった人から
お約束の物がいっぱい届いてた。

b0134838_19552234.jpg
もと製本部にいた人の結び方だ
b0134838_19554158.jpg
b0134838_19560395.jpg
b0134838_19561408.jpg
b0134838_19562504.jpg
b0134838_19563783.jpg
リバーシブルなんだよね
b0134838_19565232.jpg
b0134838_19581188.jpg

この方
全く泳げなかったのに
泳ぎたいという信念で
気がついたら
一キロ毎日泳いでた強者です
お父さんにもかわいがられてた
二代目にはあまりなついていない気がする。
意味は分かる
私はずっとこの人たちの守られて生きてきたけれど
二代目は親に逆らって家から離れていた時間が長かったから
彼らとは家族のきずながないからだ

ともあれ
私にこの間会ってから
数週間もかからずに
私のでかい頭にぴったりの帽子を作って送ってくれたわ
ミシン目が恐ろしいほど綺麗で
網目も機械のごとく正確
ただ
乳母はすでに病に侵されている
その焦りがわかる

どうか
おかあさんより
永く生きてください
わたしはずっと
あなたに甘えて生きるのだ
それをあなたは許してくれるはず

私もあなたを大事にする
私たちは小さい会社で家族のように暮らしてきた

いまどき
そんな人たちはいない

お金だけでつながっている
私生活をあまり大事にすると
人はバラバラになる

今の時代
ちょっとさびしい

流行りだと犬を捨てるのか?
猫を取るのか?
毎日毎日
捨てられる犬が多すぎる

私の手は二本しかないから
それも
人よりサイズ少し短いから
おかあさんと
猫一匹しか抱えられないと思う

誰と暮らしたいかが問題だ
猫を数匹飼いたい人は
1人ではいけない

その意味がよくわかる
命への責任をとれないからだ
誰かに助けてくれと言えない人は
責任はとれないんだ
b0134838_20523603.jpg
おかあさんのほっぺたは美味しい
舐めると味がしないけど










[PR]
by gavo220607 | 2017-07-27 20:53 | マカナイ | Comments(0)

甘い人生

b0134838_09001468.jpg

反省してもしたりませんね

暑くなる前に草刈りだったはずだ

ああ。。。


実際
冷たい町っていうのは都会ってことなのか?
乾燥して雪も降らないほど寒い場所のことなのか?


地獄の老人
クジラの釣れるところ

ええやん
義経は眉唾だ
クジラは確かにいた跡があったけど
それほどでかくはないのよね

今朝のETVもよかった

娘さんがものすごく綺麗だった
この人たちは美しい人たちが多い

b0134838_09375333.jpg
私はアイヌコタンの彫刻家さんの
腕の毛を触らせてくれと頼んだことがあります(事実です)

腕毛がつやつやした黒い鋼鐵の線で守られているような
たくましい腕で 細かい作業をしていたんだよね
お父さんはほとんど腕脚は無毛のような人だったから
珍しかったんだとお父さんは言っていたけれど
私にしてみたら
おかあさんの家系の男たちは
禿げだけど他は剛毛だったから
たんなる好奇心だったんだと思う

クマの毛のようだった
クマは結構人間の髪の毛に似たような毛だもんね
身体柔らかいし

最近 隣のワインの町の給食センターの近くに出たらしい
人家まで数キロも無い
慣れてきたのか
餌がないのか
よくわからないほど人家の近くに居る

もしかして


ほんとうに 裏の糞はそれかもね。。。
鹿はいっぱい歩いてるんだけど
狐も多いんだけど

家には大きい犬もいるはずなんだけど 
家人の犬はでかい犬なんだけど

大昔飼っていた
アイヌ犬
(熊取用の犬 柴犬に似ている)
なら ほえたかも

その方が怖いか

最近猫をみないから
何か大きいのが来てるのは確かなんだよな

。。。。
おかあさん

今日はずいぶん咆えるね
なにかいるの?
犬じゃないから 親だから

b0134838_09470978.jpg
死んだふり



[PR]
by gavo220607 | 2017-07-09 09:47 | マカナイ | Comments(0)



b0134838_20125047.jpg

b0134838_20143145.jpg

今の私には何もないのか?


下妻物語をみていて
なんだか
良い時代を思い出してみたりして

かわいい服着たいなあ
ゴスじゃないのはまちがいないけどね
レースは大好き
刺繍も大好き


古い時代がいいなんて思っていないけど
戻りたいとは思っていないけれど

肉体だけは戻れないかなあって思う事がある
風があったっただけで痛いんだもん
いやになる

痛風じゃない
それはない


実は 近々この方が近隣の町にやってくる
小さい喫茶店で大枚4,000円支払わねばならん
そんな余裕が私にあるんだろうか


親友のんちゃんと
生で聴いたのがこの歌

何故か ずっと泣いてました
聞いている間ずっと泣いてた
のんちゃんが頭を撫でてくれて恥ずかしかったけど
こんな声じゃなくてもうハスキーで
正直 若い人の前座みたいな扱いで

でも また 近くで聴きたいです

口ずさめる
だけど 心に響く言葉が欲しい
繰り返し繰り返し
呪文のように歌う

魔法だよ
言葉には命があって
けして消えない
曲がつくとなおさら忘れられない

7月の最期の土曜日にするか
それとも日曜日にするのか
決めかねる


1973年代から数十年
まともにテレビを見ることができない環境だったゆえに
今更知る曲もありの
人生って楽しい

北山修さんは神様だし
財津さんがよくなってくれることは祈るけれど
もう 声が出ない状態で歌わせるのは嫌だと思ってる。
病気と年を取るってことは
折り合いをつけるには
歌う人たちには残酷だと思う






[PR]
by gavo220607 | 2017-07-08 21:25 | マカナイ | Comments(0)

b0134838_18513137.jpg
あとは いり卵と割烹田村のたれね
肉はほとんどいらないんだけど
メインはキャベツと長葱の青いところとにらと
まいたけ
おかあさんのとろみ剤のムース使用のをつかって
今日は豚と牛の合いびきを少しと
お粥の素を少し入れた

半端なく美味い


この人もなんだかうまい
違う意味でおいしい




[PR]
by gavo220607 | 2017-07-07 18:57 | マカナイ | Comments(0)

b0134838_19350178.jpg
あらま 
ぼけぼけね
にらときゃべつと
豚と牛の合いびき肉と
いためたタマネギと
ショウガのみじん切り
いり卵←これがツボだわ
私がどツボにはまっている
北海道と言えばソラチのたれ
其処が提供しているんだから
不味いわけがない
b0134838_19420510.jpg
画像はアマゾンさんから借用しました
野菜の水が出ないようにざっくり混ぜて
このたれで下味付けて
b0134838_19432366.jpg
あっという間に出来上がり

b0134838_19434820.jpg
私は揚げ餃子が大好き
b0134838_19443241.jpg
何もつけなくてもおいしいわ
b0134838_19453393.jpg
おかあさんは
ちょっとわかりづらいんだけれども
具をそのまま食べられるように
お豆腐混ぜて加工

あしたの朝食べていただく

すでに
餃子のことは忘れとるし

ちなみに
おかあさんが好きだった餃子屋さんは
帯広 笑福

1つの生地で餃子も、めんも、パンも! -ユーラシアの粉物語-

荻野 恭子/文化出版局

undefined

↑この本に刺激を受けました。
時間の関係上
餃子の皮は違う時に作りますが
今日の具材は
豚まんにちょうどいいと思うわ

豚まん作りたいわあ

というわけで

料理は気分転換になりますなあ。

太るけど


人に食べさせると思ったら
作ってる間に食べなくても
お腹一杯になるんだけどね

1人と婆ちゃんだから
もったいないが先行するととんでもないことになりますわな

したがって 
残りの餃子は
あした焼くか冷凍するかだなあ

ニンニクは入っていないけど
にらがいっぱいだからなあ


[PR]
by gavo220607 | 2017-06-20 19:53 | マカナイ | Comments(0)

b0134838_07442992.jpg
もったいないからと言って作り過ぎると
結果 とんでもないことになることはわかっていたはずなんだが
生の長崎ちゃんぽんを送っていただいた手前
つくりましたよ

たぶん


食べきるまでに腐りそうな予感

寒いから台所に置きっぱなしでも問題はないんだけれど

b0134838_07494128.jpg
昨晩 痰がらみがひどいので夕食抜かれた割にはしっかりしとる
痰もかなりひいて
ご飯を要求されるとともに
側にいることを要求される
御意

b0134838_07520127.jpg
友人の家族が父の日まで待てずに
すでに食したと連絡有

ごはんにあわない

ってあたりまえだのくらっかー

だって

飲む羊羹だからね
おはぎとは違うわけよ
微妙に違うわけよ

まあ
毎度画像付きで連絡してくれてありがとう

送りがいがあるわ

おかあさんにもとってやろう
そうだそうしよう


私個人としては彩バームクーヘンとか
赤いサイロとかが良いんだけども
そんなバナナもよさそうだけども


先に死ぬ人優先
ってよりは
先に死ぬかもしれない私の健康面を考えてのことだと言っておきましょう


背中や腋の下や胃がつるのはとんでもなく苦しいのよ
姿勢が悪いのと筋力弱ってるのと出ぶり過ぎてることが原因なんだから
なんとかしないとっておもってはいるんだけど

上に戻る



[PR]
by gavo220607 | 2017-06-17 08:00 | 永遠の戯言 | Comments(0)