タグ:永遠の戯言 ( 27 ) タグの人気記事

b0134838_18464353.jpg
平塚の叔母さんが送ってくれた種無しの巨峰
家人たちはあまり得手じゃないという事で
三房もくだすった
ありがたく頂戴する
b0134838_18484985.jpg
元姑が大好きだった巨峰
おかあさんとおないどしだ
まだ

お元気なんだろうか?
お誕生日だの母の日だのって
リポビタンDと一緒に渡したもんだ
自分の母親にも父親にも何もしたことがないのにね
b0134838_18490546.jpg
いまは こうして
おかあさんにご飯を作ることができるんだから
生きててくれてありがとう

BSで昭和30年代の歌謡曲がかかったので
おかあさんに聞かせたら
知らないという

そのくせに

園まりさんだ!といったら

ゆめはよるひらくぅううう

って 歌ってるんだから
おもしれえ
やめられねえ
介護って面白い

木曜日につけたきゅうりがとてもいい味になった
きゅうりをくれた農協の食堂のねえさんにお礼を言わなくっちゃ

あんまし
めんどくさいこと言われるようだったら
猫の食事も一緒に作る

っつうか
人間でさえ
慣れるまで何年間もかかることがあるんだから
あまり かっかとしないことだよな

悪気で行ったんじゃないと思うし

たんに

私を信用してないってことだけだからね
それはわかる

名前も聞かれたことないもん

いいけどね




[PR]
by gavo220607 | 2017-08-11 18:56 | 永遠の戯言 | Comments(0)





私が行きつけたとして
ご本人が来られるかそれも心配だわ
どうなってるんだ あの 変な台風の動き!!
b0134838_20294050.png
あきれてものが言えんわ!←おひ

b0134838_20320384.jpg
ピンクのトンネルが日本列島だとしたら
台風はこの周りの猫たちのようにやってきているという事でちゅね?

って 気持ち悪いんだよ
わたしの赤ちゃん言葉
でも でちまいますよ

いかんです
普通にしてないと舐められます

b0134838_20342403.jpg
まさに 台風の目ですね

っつうか 鞭もってるのかあんた!

b0134838_20353158.jpg
今日はね お金がね
ぎりぎりだったからね
お八つ買えなかったのよ
って 冷たすぎね?
せめてる?ねえ せめてるの?
ちぇっ

b0134838_20364495.jpg
こっちも 相手にしてくれんかあ
そうかあ
お客さんもいっぱいいたよねえ
b0134838_20374437.jpg
顔ちいさいね
b0134838_20380982.jpg
こがねさん
よく見ると 面白い柄だよね

b0134838_20385758.jpg
なになに?
なんかおもしろいことあるの?

緑子さんはまだ ショックから立ち直ってないようだね
気長に待つわ


ベタすぎますか?

ですね
はいはい


帰りの車の中ではずっとこれをうたってきましたわ
ちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅ

ちゅぇりぃいぼぉおおむ

かっちええねえ
不良ねえ
ええねえ

子宮ないけど子宮に響くねえ


この変な歌もノリノリだね
ウェザーガールが好きなのはゲイだと言われるのはなぜなんですかね



ゲイといえば
映画も好きだけど
舞台もみてみたいわ

この歌も最高


グロリアさんも整形したのか
今の方が若く見えるって皮肉だよね
この当時の歌い方は最高だったけどね

本読んで寝よ

The Tribe of Tiger

Elizabeth Marshall Thomas/Gallery Books

undefined

猫たちの隠された生活

エリザベス・マーシャル トーマス/草思社

undefined

この人の本最高

Elizabeth Marshall Thomas

... author/anthropologist/animal-lover. A classically trained anthropologist, Ms. Thomas is widely known for her books, The Hidden Life of Dogs, its sequel The Social Life of Dogs, and Tribe of Tiger. She is also a novelist, combining lyrical story-telling and keen observations of science in Reindeer Moon and The Animal Wife. Ms. Thomas, her parents and brother were the first white people to live among the Bushmen in the Kalahari Desert, recalled in The Harmless Peopleand Warrior Herdsmen. Her multi-species family lives in New Hampshire.

b0134838_21040143.jpg
画像は下のサイトからお借りしました 無断で←おひ



今日 パソコンのハードディスクの容量を増やしに来てくれた人が
最高で猫を8匹
一匹だけ野良で
あとは人から子猫の時にもらったとのことで
いろいろ教えてくれました。

猫のお店でも
ご両親が飼っている一匹の猫を
将来的に自分が引き取るつもりでいるから
見に来ているだけなんだけれど
といって 猫の生態について
少し教えてくれました。

少しずつ噛み砕いて
自分がどうしたいか考えていこうと思います。

ほんとうに
介護と一緒で
これといって
同じものは無いんだなあと
自分はどんなネコと暮らしたいのか
相性や性格は
アドバイスをいただいても
自分でここだと確信を持てない限りは
すぐに飛びつかない決めないと
こころかためておりますが

車を運転している途中で
いきなり 眩暈がしたので
一緒に暮らす前に
私がどうにかなったら困るわなと

まあ 年寄りだ 自分



b0134838_21100720.jpg
おかあさん

あした
神社の神主さんが来たら
そなえておいた
ゼリー食べさせてあげるからね
コラーゲンでお肌つるつるにしておこうね

おやすみ


[PR]
by gavo220607 | 2017-08-06 21:15 | 永遠の戯言 | Comments(0)

おかあさんの 言い分

b0134838_20372518.jpg
b0134838_20373738.jpg
b0134838_20374738.jpg
今日は ご機嫌麗しそうだったので
自分で食べていただいたのだが
途中 スプーンを持つ
同時に皿も支える
でもって 口に入れたものを飲み込む
という一般的には
何も考えずにできると思われていることが
すべての筋力が衰えて
認知機能も低下している高齢者
おかあさんには
けっこう 高度な作業になりまして

口に入れた瞬間に
質問なんかしたら
半端なく噎せこんだりしますので
ちゃんと
すべての昨日が同時にできているかいないかを
見極めながら介助しなければ
おかあさんにとって
食事は苦痛なものになってしまうのです。

で 三口くらいで噎せたので
私が介助することにしましたが

その時

様子を見ながら

猫を飼っていいか?

と 聞いてみたところ
以前は

「飼ったらいいっしょ」
「飼いなさい」

と いっとったのに

おもいっきり無視されて

「ごはん頂戴」

というので

すまんがなあ
大事な話でなあ

飼っていいかどうか
聞かせてもらったら
ごはんあげてもええなあ←良い子は真似しないでください

かたくなに無視

じゃあね
じゃあ

イヌならいいの?

うんとうなづく

「ごはん頂戴」

一口差し上げる

もぐもぐもぐもぐ ごっくん

なんで
何でイヌならええの?
教えてくれたらもう一口あげるわ←良い子は絶対に真似しないでください

うーん
イヌはねえ
家の番兵するから


はぁ?
わし
最近イヌが番兵してるとこ見たことないわ

猫でも番できるよぉ


無視されている
しかも顔を思いっきり背けられた

ねえ
何で猫ダメなのかなあ
ねえねえ

「ごはん!」

答えないとやらんっていうとるやん!←すでに虐待の域です

そこで 奇跡が起きたのよ

「あのねえ
猫は鍋に座るんだもん」

はぁ?

「鍋のね蓋の上に座るからダメなんだよ」

とおちゃん(おかあさんの父親)がねこきらいなの?
豆腐作ってるところにいたの?(おかあさんの実家は豆腐屋だった)

「ちがう
とおちゃんは なにもかまわないひとだった」

じゃあ かあちゃんが 猫嫌いなの?

「かあちゃんは猫嫌いだった」

つまり
猫かったことがあるのね!

「飼わないよ

飼わないけど必要なことがあったの」


その後

何を聞いても無視されたのでやめた

たしか
私のお父さんは
ヤギだの犬だの兎だの飼っていた記憶があるけれど
猫は無かった気がする
伯母さんからも聞いたことがない気がする
でも
記憶に残っているのは
鎖無しで私の側から離れなかった賢いコリーだけ
あとは
買ったお父さんでさえたいしためんどう見なかったきがする。
ましてや おかあさんは仕事一筋で
最終的には餌係で怒り狂っていたんじゃないかと思う。
面倒見てたのはおかあさんだった気もする。



おかあさんがあまりにも冴えていたので

あのね

おかあさん

ボケてるの?

ときいたら


きっぱりと

「ぼけてないよ」

そうなんだ

じゃあ 名前教えて

「○○○ ○○子」

ただしいね

じゃあ 私は?

「がぼこ」

最期の質問です

わたしはあなたのなんですか?


暫く考えてから

「妹」

くっ、、、

おかあさん いくつなの?

「しらない、、50歳は過ぎてると思うよ」

私はいくつに見える?


無視されました


b0134838_20545263.jpg
おかあさんを川に流して
猫を飼うね

と しめくくって
晩御飯を食べに部屋移動

そういえば
大きな土鍋が車庫にあったなあ

あれに猫入れて遊ぼうと決めました。

**********************************************


足の白い子猫がどこかで見つかったら
教えてくれませんか?
メールを出してから

一週間たって
以前 クロネコ3匹まで保護して
店に来てくれた訪看さんから
返事が来たのですが

まだ 見つかっていないから
見つかったら連絡してくれるとのこと。

そのまえに
私がみつけちゃったら
彼女には不義理をあやまろうとおもう

どんなネコでも良いはずなんだけれど

わたしにとってみれば
一生に一匹の時間しか残っていないから
b0134838_21031389.gif
猫大好き
この子オッケ!
カモン

とは なかなか いかないわけで、、、

「あのね がぼさん
がぼさんだってわかりませんよ

わたしだって
まさか5匹も面倒見るとは思っていませんでしたよ
最初の縞々
その後は ほっておけなくなるんですよね
家族全員猫アレルギーで薬飲みながらやってます。

だから
野良の子猫が増える時期が来ると

こないでくれ
できれば 今年は誰も目につきませんように!

って思うんですが

ダメなんですよね」

いやいやいやいや

ないから

臭いがだめなもんだから
おかあさんにもかなり気を使ってはいるんだが
外から入ってきたときはわかっても
一緒に暮らしているとわからないもんだと思うんだよね

「二匹 飼い始めたら臭います
かなり気を付けていても臭います」

そういう彼女は全然 臭わない
毛もついてない

そりゃそうだわな

ちなみに
この猫を飼っている訪看さんが

はじめて
わたしに

おかあさんの毛が
シャンプーしたあと 乾かしていたら落ちるから
コロコロ用意してください

って いったんだよね

犬一匹のひともいるけど
言われたことない

私ですら気づかなかった

基本 ずぼらな私

反省すべきだったわ

生き物はねえ
毛が抜けるのよ

おかあさんが死ぬまで髪の毛を切らないと決めてから
とんでもない
白い長い毛がいっぱい絨毯に落ちて
猫ばかり責められないと思っております。

おかあさんでさえ
毎日の記録がすでに十数冊になっておりますでなあ

これに 猫日記なるものを付け始めると
とんでもないことになるので
やめておくけれども

なぜか
職場で以前ISOの規定でマストだったらしい
業務記録はつけてない(きっぱり)
やること多すぎて書けるかっつうてねえ

実は 半端なく今日は落ち込むことがあったんだけど
事務仕事はダメだっつうテルでねえの
という 言い訳が通用しない11年目なのよね
いまだに まともな仕事はまかされておりません
そのために二人でやってるんじゃねえかと言いたいんだけど

私は 相手の小さいミスをみつけても
人間らしい人だったのねと
完璧に見えても
1人じゃ大変だろうねえすみませんねえ
と自分の不甲斐なさを反省して
指摘しませんが

がんがんやられて
ヘたれております。

まあ こんなにできない人だと思わなかったと
思ってても
言ったら最後だからね

いわんでいてくれてありがとう
得手不得手があるからね

集中力にかけてるってことでしょうなあ

てへぺろ

b0134838_21152631.gif




[PR]
by gavo220607 | 2017-08-03 21:15 | 在宅介護 他 介護一般 | Comments(0)

私はバカに違いない

b0134838_07504422.jpg
おかあさん

おかあさんにあまり お金がかからなくなったとはいえ
無駄遣いしてはいけないから
500円貯金だの
一食抜きだの
残業だのしているのに
慈善の意識はないけれど
できることは一つしかなかったよ

思っているだけでは伝わらないから

ニャン友ねっとわーく様にさっき送りました。

実は 複雑な心境ではあるのね

ひとりの人間が1DKのマンションの部屋に
100匹以上の猫と一匹のイヌを閉じ込めてしまった

でも
かつて ひとりのおばあちゃんが
あの 犬と同じような身なりで
悪臭を放って
野垂れ死にさせてくれ!と
1人で誰にも迷惑かけないで死にたいと
部屋にこもった時
国はもちろん動くはずはなく
町も動かず
たった3人の元看護師さんが
毎日毎日通って
コミュニケーションを取って
一緒に食事して
お風呂に入って
清潔ない服を着てもらって
普通のどこにでもいる
お婆ちゃんに戻ってもらうまで

何週間も頑張って

たぶん

わたしの町にもそういう人がいるはずで
自分の町の猫に手をかけるべきで

っつうか
自分のおかあさんのために
やるべきで


さて 会社にいこう

今日も残業だ
がんばろー
b0134838_08010989.jpg
おかあさんには この神器でおいしいものをつくるさ
b0134838_08015273.jpg
がんばれや なんだかしらんけど につまるなよ の図


[PR]
by gavo220607 | 2017-08-03 08:02 | 在宅介護 他 介護一般 | Comments(0)

2017年8月2日(水) 午前6時56分 曇
b0134838_07370006.jpg

おしっこ 6 回分
便付着 無
痰がらみ 無
発声 有
「お金はあったんでしょ?」
「足りなくなったら困るから」
「ああ、よかった 合わなくなったら困るしょ」
「なんでもない」
食欲 有 
b0134838_07371916.jpg

豪華 生メロンジュース
完食 「もう いらないわ」ともいった。
やっと 家に帰ってきたバージョンになりつつあるので安心。
やはり 疲れるんだろうか?
気を使ってくるのだろうか?
以前は ほとんど 人に相手にされないで部屋に寝たっきりで 
騒ぐせいなのか 
大きなイベント以外はほったらかしにされていたのが悲しかったけど、
一応 聴くかい?とか 見る?とか 聞いて
本人の意思を尊重というけれど、
性格というのがあるし 
仲間に入れてみたらけっこく楽しんでいるという事もあるのに 
大きな声を出すから 結果的に邪魔だからという事で 
ずっと 部屋に寝かせれていたら そりゃあ ぐれるわ。

施設の方が時間で大量の人たちを移動して行う事だからと
理解はしていたつもりでも
やはり 
おかあさんのためには
私がやるしかないんだなと思ったのです
b0134838_07373725.jpg

「こんな みじめな場所に私を置いていくのか!!」と叫ばれたのが昨日のようだ。
b0134838_07375721.jpg

猫を飼おうと決めて 
見に行ったり 
周りに動くものを意識していたりすると、

老いた母親にそっくりだなあと思ったりする。

冗談じゃなくて 

猫の集団を見ていたら 
ホームに訪問に行った時を思い出す。

猫なら 
かわいいとか可哀想にとか言って触ってもらったりなでてもらったり 
抱いてもらったりするものを、

年寄りには触りたくもないという人が多くて悲しくなる。

従事者にとっては そんなことはないといわれるかもしれないけれど
実際は 
望んで介護の世界に入ってきたものの、

車椅子を押して笑顔で反応してくれる優しいお年寄りと自分

という姿しか描けずに、

うんこしっこの始末をする以前に、
陰部を見る、
それの汚れを取る処理すること自体
トラウマになるとか言いやがって、、、

人それぞれとは言うけれど
 菌だのなんだのあまり殺すことばかり考えているから 
子供も作らなくなるし いなくなるのは当然だと思う。

そこに小動物がはいると 
ある日突然放棄という現実はいなめないのだ。
人は生き物だ。

当然だという人が多いけれど、
実際は 
人間は人間であって特別で、生き物の頂点だというおごりが出ると
手に余る事をするようになるんだと思う。

まあいいや 難しいことはわからないけど 

私はお母さん一人しっかりと見送る。その気持ちは日に日に強くなる。

悲観的になることも無くなった。

長くなりますが こんなことがあったらしいです。




イヌも一匹いたそうで とんでもない皮膚病にかかってこのありさま。
それでも元気だったそうです。

この個人の保護にかかわっているかたは 
先だって 小樽の崩壊現場を仕切ってきたばかりで よく体力と気力が続くものだと感心しますし
半端なくすごい労力と気力をネコちゃんのためにつかう すごいなと感動もします



この方たちは割り切っていて、こういう状態になる原因である人間にはふれない。

たぶん 怒りの方が先に立つのかもしれません。
というより
人のことを考えるより
まず 目の前にある命を助けることに集中する

この 折り合いの付け方を
私も学ばなければならないと
つくづく頭が下がります。

誰もかれもを救うことはできない
ましてや 人間は
そこまで来る経緯を知ろうとしたら
とんでもないことになる
図書館の司書にでもなれというのか?
ってことです。

最初に見た時は 
この犬の姿に自然に涙が出てきましたが、

私の場合は 
たぶん 
犬猫ちゃんに関してではなくて、

精神を病むという事 

これは私ではなかったか?と人間の方がどうなっているのか 
そちらの方が気になってしまって、、

その人が 機会があったらまた同じことをする可能性があるのなら 
今回の救助は徒労になる可能性が高くなるわけです。

いつだったか 譲渡された猫二匹の面倒を精神崩壊でみられなくなって
 飼育放棄しただけではなく、
自分の面倒も看られなくなったけれど なんとか 猫は助けたいと思ったんでしょうか 
猫を預けたことがある看護師さんのところに電話をかけて
 ヘルプを申し出たとのこと。
その方がブログで 

飼い主さんは泣くばかりでやせ細ってしまって
「こんなはずではなかった ごめんなさい」と 
謝りつづけていて 
その姿を見て 

誰にでも起こりうることだと思ったと書かれてました。

精神の病気だけは 
気が付いたら手の施しようがないことも多く、
自分でヘルプいえる時に
手を差し伸べてくれる人がいれば なんとかなりますが、
そのヘルプの度合いがわからなくなる人もいて 
よく動物を飼うのは忍耐がいると言いますが、
もともと 人と付き合うのも忍耐以外の何物でもないわけだから、

家庭を捨てて 出てきた私が 猫を飼ってもいいんだろうかと 
悩まないわけも無く、

今日も会社に行くんですが。

しばらく 残業が続くと思われます。
おかあさんは 夜中に叫んだりしているので日中は寝ていると思います。
何とか人間らしさを失わないように、無理やりしゃべらせてみたりもしておりますが、
基本 しゃべりたくないだけらしいです。

では今日も一日よろしくお願いいたします。


人はきりがない事を
体力が続く限りできる可能性を持つが

その限界が来たときに
後継者がいないことに愕然とする。

誰のことも避難したくはないし
批判もするべきではない
ただ 感動と感謝を心にしっかりと受け止めるだけ

現場で必死で頑張っている人たちに
こころからエールを送るとともに

自分は目の前にある現実と
しっかりと向き合って
地元の成猫一匹迎え入れるための
準備をコツコツとすすめるだけのことである。


さて 今日も残業

[PR]
by gavo220607 | 2017-08-02 07:54 | 永遠の戯言 | Comments(0)

来週よ

しかも 日帰りよ
行き返り3時間半だったはずだけど
夜中 高速が 通行止めの期間にくいこんだ
とんでもないことになるわ

開演が18:30だから
真夜中には帰ってこられそうだけど
次の日まともに仕事になるかどうかは疑問

ショートステイに行くたびに
おかあさんの体の負担が搬送どきに大きくなるけれど
それでも
行かないほうがいいという事ではなく
徐々に弱ってきても
それはそれで受け止めましょうという話にはなっているので
今年は外に出て行かないと決めていた私の
最期のわがままになるでしょう

そうしよう そうだろう?
ちがうの?

って誰に聞いてるのかわからんが

あとは秋に向かって
どんどんダンシャリして
猫さまの部屋を確保しないといけないのよ
階段に縄撒いたり
フロアにクッション置いたり
なんだか 人間の子どもも
こうやって里親にどんどん受け入れてもらえたら
死ななくて済むのになあと
重くなるわ

どうして ちいさい時に
親に折檻されても我慢しちゃうんだろう
頼りにできるのは親しかいないのに
他所から入ってきた知らない大人に
虐待されるんだろう
死ぬ寸前まで痛めつけるだけを虐待というのではないんだよね
無視し続けるのも虐待なんだよね

たまにおかあさんにもやっちゃうことがあるけど
激しく叩いたり無視したりはしないわ
死んじゃったら困るもの
ほっといても自然に死ぬんだからね

稲川御大から 非日常と明日への糧をいただいてくるわ
怖がるために行くんじゃないのよ
楽しみにいくのよ
お笑いと恐怖は同じところにあるのよ

この間 お年寄りの爺ちゃんが反対車線から
中央分離帯ぶっちぎってきたことあるのね
全然悪いと思ってないらしいけど
避けるのに精いっぱいで怖かったわ

帰り道逆走しないようにしないとね

この日のために
半端なくお仕事するのよ

生きてるって気がするわ

ええなあ

満員怨霊!

日めくりカレンダー「稲川淳二のまいにち成仏」

VOXPOP

undefined

おかあさんには 福山雅治さんの日めくりカレンダー買ってるんだから
私はこれなのよ

金縛り?

あったことありません
元夫に殺される夢はよく見るけどね



[PR]
by gavo220607 | 2017-07-31 22:01 | 永遠の戯言 | Comments(0)

心配して損したわ

b0134838_21025290.jpg
大雨の中帰ってきたのはいいんだけれど
ストレッチャーの外に腕が出ていてぞっとしたわ
運んできた人たちは
布団がかかっているから気づかなかったらしいけど
へたしたら
かんたんに折れるからね
まあ いいや
私がみつけたから

呼べど叫べど反応ないので
昼ごはんも食べられないほどしっかり寝ていたので
一食抜いてますと連絡はきていたけれど
 寝ているにしても
唇がわなわな震えているわ
どうも
いつもと違うと思ったので
訪看さんに臨時できていただいた。

血圧 脈拍 肺音 心拍
顔色など
これと言ってかわりはないらしいが
無呼吸が長すぎるので
このまま
もしかしたら
そのままいってしまうこともありかなという
そんな話を
あっさりと二人でしているのだが

久しぶりに訪問してきた
チーフも私も最近共通の知り合いを
突然亡くして

人の死は慣れることがない
という私と
いくつもの死を看取ってきて
その経験を踏まえて
次にかかわる人たちに役に立ちたいと思っても
そうはなれない自分に嫌気がさすと
謙遜するチーフ

忘れられない死
忘れられない人というのはあるけれど

私は思うのよ
訪看さんみたいに
いろんな方を短期間
もしくは長期にわたって看取る
その亡くなった人たちの数は
私が知る比ではないけれど

その人たちひとりひとりが木であって
葉を一枚残らず落として亡くなる
その人たちの積もり積もった葉っぱを踏みしめならが
時には思い出に浸り
時には悔し涙を流して歩いていくうちに
ふと気づいたら
その葉の栄養をもらって

小さな小さな芽が出るかもしれない
その芽を大事に育てられたらいいね

葉っぱは土になって
違うものを育てる
育ててもらおうじゃないの

いきなり成長するのは無理だし
悟るなんてことも余裕がないけれど
小さな何かが育ったらいいね

って
わかったよなわからないことを
考えていましたよ。

今日は私は夕方から
300枚近くの貼物をしないといけないお仕事が入ったので
とりあえず
100枚貼ってきて
あしたの朝 早めに行って
残りを午前中に仕上げたいと思っているのです。

ちょうど
訪看さんも一時間早く入ってくれるとのことなので
ちょうどいいかなと

8時近くに帰ってきたら
b0134838_21145524.jpg
お腹がすいたというので
b0134838_21152377.jpg
仕事の関係者からいただいた
でんすけスイカ(高級品)を
少しいただいたので
さっそく おかあさんに
ミキサーでジュースにして飲んでもらったのね
なかなか お高くて買えないのでうれしかったわ
滅多に食べたいと思わないんだけれど
スイカは 北の峰 という種類がものすごくおいしいんだけれど
割れやすいのでこっちまでなかなか入ってこないのね
富良野にはもう行かないし
高根の花だったんだけど
ありがたかったわ

皮を捨てるときにとても汁気が抜けないので
はじめて
お漬物を作ってみているんだけれど
私はあまり瓜系の漬物は苦手なんだけど
まあ 食べるわ
味噌付けて
味噌にコンデンスミルクでもいいかもね
世の中何でもありなのさ

b0134838_21192080.jpg
なんとなく 噎せて
鼻汁と目やにが出てしまったわ

猫さまの顔を見るときに
目やにがついていると
どうしても

取らせていただきたくなるんだけど

しわしわの年寄りの目やにも
取りづらいのよ
けっこう 痛いからね
目の端って
一本しかない歯と歯茎で噛まれることもあるし

動物は人間も猫も
とくに人間のお年寄りは
腕を上げるだけでも労力がいるからね
こうやって ベッドの上にまっすぐに起きているのだって大変なのよ
お箸使ってお茶碗もってご飯食べられるお年寄りには感謝しないといけないわ
ありがとう
自分でやってくれてありがとうってね
やらせないと
筋力落ちる
筋力落ちるから
喉詰まらせる
あまり構いすぎると
逆にかわいそうなんだよ

猫もできるだけ自分で食べられるときは食べてもらうのが良いんだろうなあ

弱った動物は
手が使えなくなった人間も猫も一緒だよ
可哀想なのは
人間は苦しくても上向きに寝させられるでしょう?
あれって 苦しいと思うわ
おかあさんのベッドは自動で圧が変わるんだけど
それでも
自分で動くのと動かないのではわけが違う

たまに黙ってみていると
なんとなく 体をゆすって動かしてるのがわかるから
おかあさん
がんばれ

って 思うわな

病気の猫が嫌なんじゃない
抱っこなんてできなくてもいい
たぶん
私はかなりあき子ねえさんのように
遠くでみていると思うけれど

情にほだされて
仕事も忙しくなると
おかあさんに万が一のことがあっても
おかあさんは許してくれる
彼女が大事にしてきた会社のためだから

と思えるけど

猫は別になりそうで
本末転倒ではいかんという事で
まだまだなやむわけだ

**************************************

おかあさんを預かってくれる施設のチーフが小学校の時の同級生で
彼女は22年間 友達からもらったネコを飼っていたそうだ
最期の方になったらけっこう隣町の動物病院に世話になったから

どうだろう
動物病院の先生に
猫はいないか聞いてみたら?と言われたので

それもそうだな
地元の猫がいるならそれに越したことも無いし相談してみるわ

ということで
訪看さんがくるまで
時間があったので
動物病院に電話をしてみた。

突然お電話してお忙しいところ済みません
そちらで 猫を譲渡していただけるという事は可能でしょうか?

バイトの子らしい人が
あ 条件がありまして、、ちょっとお待ちください
とのことで
詳しい方が出て下すったので

実は介護しているものが下りまして
アレルギーの検査の結果が出るまでなので
今すぐではないのですが
メスで
子猫ではなく
できれば成猫が欲しいなと思っておりまして

と おずおずと申し上げると

ああ
それなら
○○○○さんがいいと思います。
うちのばあい
子猫がいたら
検査とか無しでお譲りすることになりますが
あの ○○○○さんのところは
成猫を しかもいろんな検査をしてくだすって
譲渡なさるはずだから相談してみたらどうですか?

とのこと

そうですか
私の考えが間違いではなかったという事ですね。
実は
其処にしばらく通って
どのこがあうかいろいろとみて
譲っていただけないかどうかお聞きしようと思っているのです。

ああ それは間違いないですね

それでですね
一年ほど先に 猫が来ましたら
是非 先生に見ていただきたいと思っておりますが
その時はお願いできますでしょうか?

もちろんです
そのときは いらしてくださいね

と たいへん丁寧に応対して下すった。

具合が悪くなったときに
車に乗せて一時間転がして
さらに 待合室で待たせるよりも

急いでいけば15分で行ける近間のお医者さん
しかも 何かあったら 畜大にも世話してくださるとのことだから
一年先でもなんでも
渡りはつけておかないといけないなあと思っとるわけです。

おかあさんのときに
それはずいぶんと経験したからね
折れるところはおれて
折り合いをつけて行かないと
遠くの名医より
近くのお医者さんと
仲良くしたい。
あまり知識ばかりで詰め寄るよりも
この子のために何かしてあげたいと思ってもらったほうが
いいこともあるんだよね

どんな場合でも
相性ってあるからね

名医と言われた人に
動脈ふさぐの失敗された私はそう思うのさ

*****************************************

おかあさんが帰ってくると
シャキッとする。

あのね
猫飼うと
どこにもでかけられなくなるよ

と 同級生がこそっといってくれたけど

実はね
わたしね
おかあさんがいないと
気持ちがふさぐのでどっかでかけるんだけど
結果 とても疲れるの

だから出ない方がいいんだよね


放送大学も終わっちゃったから
身体にも経済的にも無理しないでいられるし
庭にはブルーベリーもいっぱいなるから
時期的に果物には困らないし
なにか
追いつめられないと
何もする気が起きなくてねえ


疲れてるね


といわれたけど
お互い様だよねってことで

お互いに一人身で
年取った親抱えて
仕事してるわけだしね
兄弟はいても
そんなもん

何の意味も無い事もあるしね

いないよりましか
時と場合にもよるべな
それもおたがいさまだろうな

まあ

歌うたってるから
おかあさんは当分大丈夫だろう

今日も 知り合いのおばさまが亡くなったけど
自宅葬って
古くからの家だから
大きくやったほうがめんどうないのに
いろいろ事情があるんだろうね

最近は葬式も逆にめんどくさいわ
町内会がうまく起動してないからだろうねえ


[PR]
by gavo220607 | 2017-07-31 21:46 | 在宅介護 他 介護一般 | Comments(0)


部屋を片付けているんだけれど

神棚もあるし
掛け軸もあるし

なんだか ちいさい子供が口に入れてはいけないようなものも
二階には散らばってるし

困ったことになったぞと
本だけは片づけているんだけれど

父親が末期癌だとわかった時から
癌について
家族 本人 看護師さん お医者さん
ホスピス関係
グリーフケア
いろいろ読んで
そのあとは
おかあさんの介護について
さらに看取り
それも
本人 家族 専門職 医者 看護師 施設関係者
ジャーナリスト マンガも含めて
本ばっかしとんでもないことになってて
その前は
クラッシック関係 専門書は必要ないから←楽器弾けないから

まあ とにかく
かつては古本屋か図書館の近くに住もうと
きめていたのに
いまや
ペットと一緒に住める部屋をさがしていたりして
この先
過去のいろいろは捨てないといかん
いかんのだ



詞の本がわんさか出てきた
これは読んでから、、

で 結局
英語関係の本を一番最初に捨てることに成功

もっとはやく
性能がないことに気づくべきだったんじゃね?
料理の本がない事だけが救いだ

今日の料理も捨ててしまえ!

放送大学の本はまだ捨てられない

詩の本は
月下の一群

だけは捨てない
それは決めている

人はどんどん切れるのに
なぜ無機質なものを捨てられないのか
そんな自分が嫌だ

**********************************

あら?
知ってる人が出たような。。。
しかも
ふだん
ほとんど笑い顔を見たことがない
某カフェの店長だったような。。。

気のせいだわな
昨日いなかったけど
気のせいだわな



[PR]
by gavo220607 | 2017-07-31 07:01 | 整理整頓 | Comments(0)

恐るべし ギターテク

と 楽器全くできない私がいってはいけないんだとおもうけれど
佐々木幸男さま
おそるべし

綺麗なお姉さんを泣かせてましたよ

今回 猫さまの本を読んでいたら
声をかけて下すった方がいて
イチゴミルクチームという名前で一時仲良くなりましたが
(テーブル全員イチゴミルクを頼んだというチームワークの良さでそうなった)

なんでも 海を隔てたところからいらしたとのこと

また 来年 帯広で

と 猫を飼ったらお見せするというお約束をしましたが
かなうといいなあ

佐々木幸男さん 長生きしてまた来年来てください。

女の方がほとんどで
男の方は数名でしたが
鉄板の方たちが多かったみたいで
なんと

太郎さん(仮名 亀を助けた人の名前を入れてください)と
久しぶりにお逢いして
引退すると決めたとたん
半端ない色気のないおじさんになっちゃったじゃねえかと思いましたが
お互い様だったかもしれませんなあ

いつもだったら
なんであんたここにいるの?
って 聞かれてたんだけど
今回は

好きなの?

と聞かれたので

好きです

と これだけでおしまい

写真家になっちゃったのかしら?
この方もギターも歌もかなりうまい方なのよね
もうお会いすることも無いと思うけれど←ほんとか?

b0134838_23253460.jpg
b0134838_23255146.jpg
b0134838_23260276.jpg
b0134838_23261504.jpg
b0134838_23262641.jpg

別に抱っこなんかできなくてもいいし
それほどなつかなくてもいいけども
ずっとずっと
私と一緒に生きて行ってくれる人を探しております。

メスで
できれば年取ったかたがええ
ともあれ

今日はいかないはずだったけれど
30分だけ行ってきたわ

おもいきって
猫のトイレ本体と籠を買ってきたわ

砂や 他のマットなどは
通っているうちにどういうものがいいかわかると思うし
b0134838_23291592.jpg
b0134838_23294938.jpg
b0134838_23301130.jpg
今日は猫ちゃんたちがこぞって集まるお姉さんとお話ができたのが収穫よ
とても 親切で的確な返事をくだすったわ

b0134838_23333771.jpg
今日は私
おやつなしで挑んでまいりましたが
けっこう おさわりはできました。

まだ 怖いんだよね
徐々に慣れたいと思います

毛嫌いという言葉があるくらいだから
合わない猫がいて当然だし
合わない人がいるのも当たり前なのだわ

しっかし
音楽聴いていても
女の方たちが
みんな猫に見えたのが不思議

私ちょっと仕事に集中して
猫のことは忘れようと思うわ

まあ 素敵なネコさんたちがいっぱいいらした
大人の空間って面白いわあ

b0134838_23370968.jpg
ま すきにおやりなさい の図

b0134838_23375597.jpg
b0134838_23381885.jpg
b0134838_23385175.jpg

残念
あの 黒い大きい猫さんは
オスだったのね

あーん

[PR]
by gavo220607 | 2017-07-30 23:41 | 永遠の戯言 | Comments(0)

おかあさんの妹の一人で
神奈川県に住んでいる
しょっちゅう 心配して連絡をくれるのだが
二ヵ月ほど前に
お通夜の席でいいだけ話をしたんだが

なんでも 今日は 掃除して一段落したので
私の声が聞きたいなあと思ったとか

思い切って
猫飼いたいんだよね

といってみた

息をのんで
絶句したのがわかったので

来月 おかあさんのアレルギー検査がすんだあとのはなしで
直ぐにではない
子猫は飼う気がない
血統証つきの子じゃなくて
里親になれる子を選ぼうと思ってる

猫は好きなのか? 小さい声で聴かれたので

正直 わからない と答えたので

とめられるかとおもったら

「あのね
がぼちゃん
あなた 考えすぎてる気がする。

動物ってね いろんな大変なことが吹っ飛ぶほどかわいいから
心が癒されると思うわ
ただね

人間と同じように年を取るから
最後まで面倒見る覚悟は絶対に必要だと思うわ
そうじゃないと 動物はかわいそうなのよ

私ね 一人娘が成長期に
そんなに難しくなく育ってくれたのは
犬がいてくれたからだと思うの

不細工なマルチーズだった
けしてかわいらしいとは言えない子だったけど
犬舎で一番いじめられてる子を選んできたの

子どもを産んだことがないのに
子宮が化膿して手術して取ったことがあるのね
麻酔が切れるころに
テーブルの上にあったドッグフードをいきなり食べ始めてね

最期は背中も曲がって よろよろ歩いていたけど
食べる姿を見た時に この子はまだ大丈夫だって思ったのよ

18年以上生きたけど
最後の最後までなごませてくれた

動物って長生きだからね
途中で見捨てるようなことがあってはかわいそうなのよ
最後まで面倒見られないなら
飼わない事よ

でも がぼちゃん
あまり考えすぎてはダメ
動物はいいものよ
飼いなさい

良いと思うわ
考えすぎないで飼いなさい」

と最後断定的に言われちゃいましたが
さすが 人事部にいたこともある
海外の学生の寮の寮母を何年間もやってきただけある

的確な事を言ってくれたわ


本当に猫の好きな 私の小学校の同級生であり
おかあさんを預かってくれる施設の主任である人は
ずっと飼っていた猫が死んでしまって
いまは 飼う気になれないので
野良をなでなでするだけだといっていた

もう一人 ショートステイ専属のスタッフの子が
私は猫飼うの賛成です
ともいってくれた

ただ おかあさんと二人で暮らしていて
私一人が出入りするくらいなら
さして 問題はないのだが

ヘルパーさんや訪看さんのほかに
玄関を共有しているので
他の家人にも迷惑をかけることになる

まあ いろいろ 考えることがあるのですよ

飼う前からビビってるって
だめじゃね?わたし

自分の部屋はほとんど大丈夫だとわかっていても
他の部屋は扉がないところが多い上に
とんでもない 物置になっている場所がほとんどで
ほとんど おかあさんと私のものじゃないものも多いので
これも悩みどころなんだけれどもね

猫の道具は 最低限にしておかないと
この先 とんでもないゴミ屋敷になるのはごめんなのだわ

おかあさんのときもかなり消耗したからね

体力づくりしないとなあ

しっかし
周りを固めているつもりで
固められつつあったりして

動物愛護という過激な方向には向かないと思うけれど
まずは 一匹のために
立ち向かう事が
大事なんだと思うわ

飼ったことないんだもん
愛したことも無いんだもん
自分以外のものを愛するってどうなるかわからん

もう一本 パピコ食べよう

ほんとうにこれってうまい
お母ちゃんが帰ってきたら食べさせよう

猫のものもいっぱいあるけど
どんなものが好きか
多分 偏るのかなあ

わからん
最初っから金のかかるものは食べさせられんしなあ



[PR]
by gavo220607 | 2017-07-30 14:07 | 永遠の戯言 | Comments(0)