人気ブログランキング |

ひさびさに 脂汗流すところだったわ

このところ おかあさんは
一日おきに ほんの少しだけの便を出すだけで
食事が少ないんだから これも致し方ない事だと思うのだけれど
水分を多めに取らせると
浮腫み=エデムがひどくなるし
少なくすると便秘になってころっころのウンチが出るわけで
食事療法と言っても
野菜とタンパク質は
しっかり取っているわけで
肌の色もいいし
93歳なんだから それなりにお元気ならいいという事で

数年前から いつなんどき おかしくなっても覚悟してくださいと
言われ続けてはいるものの
4年もたつとさすがに

いついってもいいよ

って 思えるまで けっこうかかったものなんだわ
家から出られなかったり
ショートステイ中も 早めに帰ってきたり
電話が鳴るのがものすごく緊張して怖かったり

そういうのは いまのところ 無くなったかなあと
だって
見てるの私だけだもん

施設も最初のころは
私の記録とかみて
私が口うるさく追及してくる人かと
なんでもかんでも連絡してきたけれど
記録は趣味の分野だし だれもかれもに要求している内容ではない
いよいよ死にそうだったら連絡してくれたらいいよ
あとはまかせた!←ポケモンの主人公的な調子で
と 信頼関係築いて来たら
いまでは ほとんど 問題なく過ごさせてもらっております。

死ぬときはねえ
どんなに手を尽くしても死ぬんだわ

で 死なない時はねえ
もうダメだって医者が言っても
次の日ケロッとしてたりするんだわ

なんどそんなことに振り回されてきたかわからん

で 折り合いをつけることが大事だと
私はここまでしかしませんっていう
決め事は 自分の中では必要だとおもっちょります。

そのためにはねえ
毎日毎日 関わっている必要はあるよ
家に居ても無視していたら何も見えないし
ひっつきすぎても
むしろ介護されてる方がイラついたりするんだよね

痰を取ろうとしたら

もうやめて!しなくていい!
いまのいままで 死にそうに見えた人が
大声出すってことは
本当にやらなくてもいいって元気があるわけで

ここら辺の駆け引きは
訪看さんでもたまに来た人ではわからないことがあって当然で
むしろ
たまに来たからわかるってこともあるわけで

人の生き死にって
慣れることができないから
ある程度のことはわかっても
実際は 命の力にかけるしかないんだよね

死ぬはずがないと思っていた人が死ぬってのは
力尽きたのであって
なかなか死なないってのは
根性とかではなくて その人の力なんだよね

b0134838_10032306.jpg
てなわけで 今日も なんとか おげんこなおかあさんではありますが
わかっていることは

がくっと変わるんだよね
徐々にではなくて

がくっとくるんだよね

b0134838_10041883.jpg
このひと
今朝は 
今日 足が動かなくなったから
食堂に行ってご飯食べられない
ここは家だ

とか いっております。

足が動かなくなったのは11年前に施設に入って二ヵ月も立たないうちだ
少しは歩けたのに
全くダメになってさらに足も折れた
絶望的だった

b0134838_10060686.jpg
家に連れて帰って来てから
4年前 3年前までは車椅子にのせて
生まれ故郷だの海だの
最高往復4時間以上移動したり
ペンションに泊まってきたり
お風呂に入れたり
トイレに座らせてウンコさせたりできたんだ。

そういえば
士幌の温泉に連れて行ったことがあって
そこは障碍者もいいと言われていたところだったんだけれど
一時間しかないうえに
大人を寝かせるベッドが無くて
オムツ交換がものすごく大変だったんだ
なんていうか
1人では無理だなと実感したんだ
なんでも
同じ経験をした人がいて
車椅子に乗っている人をお風呂に入れるときに
手伝ってくれる人が1人いてくれたら
どれだけありがたいだろうって思った。
すべるしね
汗だくになった

クレーンはむしろ一人ではむずかしいのだわ
世の中の娯楽施設が
いかに健常者にしか利用できない不親切なものだと実感したのは
経験したからだわ

温泉も食堂も使えるところは限られていて
しかも
車椅子の移動に知識のある協力者がほとんどいない

車椅子って障害のある人だけのためにあるんじゃないんだよね
病気で一時体力のない人とか
怪我した子供とか
お年寄りも当たり前に使うし
いろんな種類があるんだよね

介護ロボットなんか
平地で限られたところにしか使えないわけだから
絶対に
一般家庭になんか浸透しないよね
お金だけの問題じゃないんだ

なんでも
外注するなって思うわ

人の体ってうまくできていて
ちいさくて細い人でも
大きなものが動かせるようになってるんだよね
筋力が少しあれば怪我も少なくなる

鉄の塊動かせって言ってるわけじゃないんだからさ
b0134838_10154839.jpg
なんかもう 汚くて済みません。
昨日のこりにお野菜付け足したらこうなった
葡萄とバナナをまぜあわせてもなんだか
すごい色になっておりますね

今朝は 食欲あったわ
寝ないで食べられた

「早く死にたいけど。。。
もっと食べさせて」

って 死にたいのか死にたくないのかどっちやねん!
って 生きたいんですよ

何度か死にかけた時
家人Aが来ましてね
いわゆる
虫の息みたいな状態で
あの時は病院で酸素マスクつけられてましたらね

「かあさんは 逝きたがってる
よくがんばったね」

とか
あっさり
今の今まで会いに来なかったのに言いやがってですね

正直

そうは問屋が卸さない気がすると思うよ

と 心の中で思ったら

案の定
次の日ケロッとしてました。

誰もが 今度こそはダメだと思っていた時ですよ
施設に戻っちゃってね

スタッフ すでに荷物片付けようとしてたきらいがありましてですね

ですから
毎日様子を見ていたら
わかると思いますよ

ええ

この人
たぶん まだ もちます
当分大丈夫です

今年6月に死んでもらう予定でしたが外れました

********************************************

問題は私ですよ

お盆は休みがないと思っておりましたからね
とんでもないくらい飛ばしましてね
その間に
稲川御大に会いに行ってきましたでしょ?
水曜日の午前中まで
納品急ぐ仕事をぎりぎりまでやって
午後からでかけて
大雨でしたよ
苫小牧に入ってから
ちょっと迷いましたよ
で3時間半かかりましたよ
で 
帰りもまっすぐな道なのに二度ほど曲がっちゃって
やっぱり三時間半かかって
霧も有りの大雨もありので
夜中の12時半に家に到着して
風呂入って寝たら
次の日残りの仕事を今日中にこなして
とどけろときたもんだ
やりましたよ

で 次の日おかあさんが帰ってくる前に
猫を見に行って来たら
直ぐに引き取らないと誰か欲しい人に渡すと
言われて

大工さんに頼む仕事を
全部自分でこなしましたよ

その間多分
半端なく緊張していたんでしょうね

きがついたら4日間
まったく便が出ておりませんでね
おしっこの出もおかしい

さっき
その原因がわかりました。

いまのいままで チョコボールみたいな便が
便器にかっちんかっちんあたっておちるみたいな状態で
一日数回出ていたものが
四日間溜まっていたわけです

ふんばろうが押さえようがまったく
蓋があきませんでねえ
肛門にでかいコルクを内側に詰められたみたいな
おとろしい状態になっておりました。
これを無理にひり出すと
以前 虚血性大腸炎というのになりました
薬もいけません。
結果的に
痔もありますから
オリーブオイルを塗りましてね
いざとなったらゴム手も用意しましたが

ウォシュレット様と
ベビーオイルさまのおかげで
なんとかなりました。

トイレットペーパーは一巻無駄にしましたが
力むのが一番いけません。
むしろ肛門が閉まって負担が大きくなります
やさしく
やさしく
立ったり座ったりしながら
自分もなだめていくのです。

こういうときって
一息ついて視点を変えるっていう事が
どんなに大事かわかります

って あさから ウンコの事ばかりですみませんね

b0134838_10303185.jpg
まなべさんの蕎麦スコーン
温めていただきました。
レーズンも好きだけど
何も入れないほうがいいかなとか
まあ 美味しく頂戴いたしました。

足寄って 遅くまでお店があいているので助かります。
住民に親切だと思うわ

さて

そろそろ 訪看さんが来るから
墓に行ってこようかと思います。








by gavo220607 | 2017-08-14 10:34 | 在宅介護 他 介護一般 | Comments(0)