人気ブログランキング |

ふしぎなもんだわ

b0134838_21105322.jpg
あれだけ 口腔内が乾燥しやすかったのに
今日は一切乾燥していない
むしろ まったく水分を与えていないのに
すべての水が顔に集まっている感じ
目とか鼻の穴とか口の中とか
最後の最後苦しまないように

そんな感じ

サクションはもうやめて
刺激を無理に与えるのもやめて
しずかに 迎える時を待っているんだけれど

いつになるかはわからないけれど

おもしろいなとおもったのは

家人が 週中はほとんど毎日ご先祖さんたちにお参りしてくれているらしいんだけれど
昨日だったか
棚の奥の方にある 鏡と 槍と仏教でいえばお父さんの位牌にあたるものが
後ろ向きに倒れていたというのよね

毎日毎日水を取り替えている私が気づかなかったんだけれど

猫はそこまで行けないし
入っていないはずだし
万が一入っていたとして
他のものが倒れていないんだからおかしい話だし

とはいえ
私が水やりの時に
榊のツボに水を入れる時に倒したのかもしれないし

いまさら お父さんが迎えに来るとは思えないんだけれど
家人は怪訝な顔をしていたわ

で 猫が まったく おかあさんに近づこうとしないんだわ
b0134838_21115217.jpg
さっき 神棚のある方に行きたがって
障子が見の破れたところから侵入しようかどうしようかって
態度たったんだけど ダメだと言ったらやめたわ
その後しばらく 隙間から匂いを嗅いでいたけど
別に何も置いてないし
花が2週間以上も枯れないくらいで
それも 温度がちょうどいいからなんだろうと思うけれど

私は何も感じないし
何も見えないし
すでに

いつ おかあさんがこと切れていても
やりきったかんしかないので
さみしくなるなあっておもうことも
あまりなくて

たぶん ずっと後から来るんだろうって思うけれど
以前 なんどか 危ない目に合わせられても
あのときは 喪服を用意しないといけないとか
なんか いろんな余計な事を気にしたりしてた気がするけれど

いまは
着物は着ないってのと
裏方に回るっていうのとくらいで

落ち着いたら
施設やお世話になった人たちに挨拶にいくってことくらいで

ぜんぜん 焦燥感も出ない
むしろ

昼間は80しかなかったけど夜は95もSpO2があるわけだから
あと 一週間くらい持っちゃったりして

とか 本気で考えてたりするわけね

目力が強すぎるんだよ

生きることへの執着が半端ないんだよ

食べること
飲むこと
生き延びること

人間こうじゃなくちゃいけないのかもねって
仕事しないとお金をもらえないって寝ながらでも焦る
寝たままなら生きている意味がないって
ぼけてもいっちゃう

こういう 生きることに真剣な人のお世話を最後までできるってのは
私は幸せだなと思う

おかあさんが幸せかどうかなんて
そんなことは正直わからん
本人は不幸のどん底なんだもん

猫も 幸せかどうかわからん
そうなるかどうかわからん

昨日までがっつり食べてたものを一切食べなくても
もう気にしない

抱っこしていられる時間がどんどん長くなってきても
姿が見えない時間が長くなっても
お互いの距離だけはしっかりと守って
どっちが先に死んでも
それはそれだよねってことで

まあ 
あれだけ 写真を撮っていたんだけれど

なんだか いまは
あまりとりたくないかなって心境にはなってるわ

まあ 側に居ます

おかあさんの側で食べたり飲んだりしています。

生きていくんだ私ってことです



by gavo220607 | 2017-09-15 21:12 | 在宅介護 他 介護一般 | Comments(0)