「アレルギー検査を先にしておいた方がいいですよ」

と チェリーヒデ

彼の家は 家族全員仲良しで
猫3匹と暮らしている
最期の一匹は やむにやまれずだったんだけれど
(飼っていた伯母さんが交通事故で飼えなくなったため)
彼は若いころ動物アレルギーと蕎麦アレルギーで
犬がいたけど触れなかったんだそうだけど
自然と治ったらしい

猫は学習するし
ダメなことはしつけられるから
大丈夫だと思います

と いろいろ相談にのってくれた。

私は小学校に上がる前に

自分専属みたいコリーがいたんだけれど
中学に上がったころにいた犬を
父親が噛むようになったからといって山に捨ててきたというのを聞いて
いまのいままで 家には代々犬がいたけれど
誰一人 かわいがっていた記憶がない
家人も本当に犬が好きなのではなくて
犬がいるという事が大事なのだなと最近分かった。
それも 同じ犬種で同じ名前にしている。

その人たちの考えでいいと思うけれど
私は 雑種でいいし
できれば 年取ったのが良いんだけれど
たぶん 溺愛しすぎる可能性も高く

将来てきにはひとりになっちゃうわけだから
今のうちしか 一緒に暮らせないし

犬のことで相談できる人は結構側にいるので
たまたま クリーニングを届けに来てくれた奥さんに

譲渡する条件として
子犬は50歳までしか渡せないし
単身の人はダメだし
60歳以上の人もダメだし とか いろいろ壁があって
そうなると ペットショップとか
個人からという事になるけれど
どうもピンと来なくて
いま 57歳なんだけれど

と いってみたら

「あら 私が犬が欲しいと思って飼い始めたのは57歳の時で
トイプードルの専門のブリーダーさんのところに行って
一番元気な子をもらってきたの
おばあちゃんは84歳だけど それなりにどちらも癒されるよ
欲しいと思ってるならチャンスだから飼っちゃいなさい」

おかあさんの肌に傷をつけないなら犬だし
猫は人生の中で一度も経験したことがない存在だから
どうも二の足を踏むんだなあ

ただ 死んだ幼馴染の猫や
友人ノンちゃんの猫は 私が寝ると
顔をまたいでいるらしい
もしくは背中でくっついて寝てるらしい

甞められる体質なんだろうか。。。

家人たちは隣の家で大きな犬と暮らしているけれど
全く干渉しないでいるので

むしろ

生き物のエキスパート 元従業員さんで
おかあさんが唯一名前を憶えているヘルパーさん他
ケアマネとか訪看さんが今月末集まるから相談してみよう
そうしよう

私がいない時 家にいるのは ヘルパーさんか訪看さんだからね
犬を飼ってる人は多いけど
いまのところ 一番身内に近い存在の人たちだから
彼らの意見も聞いてみたい

ってことで

がんばって働こう っと
今夜は久しぶりに残業してきた

b0134838_22010915.jpg
犬よりなにより私を愛して頂戴 と 真面目に訴えるの図


[PR]
by gavo220607 | 2017-07-12 22:01 | 永遠の戯言 | Comments(0)

想像以上にでかかった

b0134838_8281349.jpg

苦節11年
最近やっとマトモに笑いあって口聞ける間柄になった
LAWSONの店員さんと
だってLの二倍だもん

と バカ笑いしてきた
[PR]
by gavo220607 | 2017-07-12 08:28 | 在宅介護 他 介護一般 | Comments(0)