今朝は 両腕を天井の方に向けて

犬かきみたいにわしわし かいていたので

どうしたのか と こえをかけたら


「買い物に行ってきて」

「パンと牛乳と買ってきて●××←(わからなかった)」

「おなかがすいてなにもできない!」

「腹減ってるんだからパンと牛乳が欲しい」

「ごはんたべさせて ねえ ごはん」


オムツを換えてからね といっても ずっとこれの繰り返し

やっと ご飯を作りに台所に行ったら


「だれかきてー」「がぼ!どこにいるの?がぼ」


はいはい と とりあえず 用意して寝室に行ったら

すでに 座位を保てないうえに

ベッドが自然に動くので 体が傾いていたりする

完全にギャジアップしてもしなくても

目は長いこと外していてはいけない


とはいえ


b0134838_10464068.jpg
TOSHIさん
ほんとうにファンでした。
いまでは サイトもみつけられません
だれか 彼を知りませんかぁあああ←だれにたのんでるかもわからんね
***

おかあさんは 基本的に面白い人なのですよ

たとえば 
昨日朝のことですよ
わたくし
会社に行く前に
いってくるからねと声をかけます
ふつうは しつこく 声掛けしないと反応しませんよ
昨日は

どこにいくの?
こえでかいわ
●●所にいってくるんだわ
おかあさんとおとうさんが建てた会社だわ
おにいちゃんもがんばってるしね←普段は絶対に言わないのに言ってしまったわ
「おにいちゃんもいるの?」
「けっこんしてるの?」
ちょうどその時に
家人Bが ご先祖さんに朝の挨拶に来ましたわ
あの人がお嫁さんだよと指差したら
彼女が手を振ってこたえてくれましたわ
「(おにいちゃんは)愛してるの?

へっ?

たぶん っていうか
愛してると思うよ
じゃあ いってくるわ

と わたしがでかけたあと
家人が言うには
おいしいものかってきてね
と叫んだらしい

彼女が
美味しいものって何を買ってきてほしいの?
と きいてくれたらしい

みつまめ
ときっぱり答えたらしい。

その後
11時に訪看さんが二人くることになっていて
12時には帰るはずだったんだけど
たまたま 昼に帰ってきた私とかち合って
1人はこの間 子猫を連れてきた人だったのだが

「がぼさん おかあさん 昨晩よく寝ましたか?」
ときかれたので
そうでもないと思うけど

猫かっていいかと聞いたら
いつもなら
だめだとか 嫌いだとかいうのに
「飼ったらいいよ」
といってくれたので
じゃあ 何色が良いかなあと聞いたら

くろ
といわれてびっくりしたんだよね
絶対にあの人が選ぶ色じゃないし
この間寝てたよねえ
ぞっとしたよ
といったら
黒い子猫三匹連れてきてくれた訪看さんもびっくり
「あの時完璧に寝てましたよねえ」

画像で他の猫も見せたんだけど
もう反応しなかったんだよね

私は縞々のがいいんだけどねえ
クロでもいいけども
と猫の話になると長くなりそうだったので
もう一人の人もいたから
私に構わないで帰っていいよ
お昼時間無くなるよといったら

黙っていたもう一人の訪看さんが

「今度来たときにニャアって声しそうだねえって思ってます」

っていうので
何の話?ときいたら
「がぼさん 猫飼っちゃいそうだよねってことです」

それはないない
来年の6月までない

「しかも 一匹じゃすまなくなりそうですね」

それはもっとない
まだ 猫が好きかどうかもわからんもん

と 言うか言わないうちに
猫を連れてきた訪看さんが

「がぼさん

わからないですよ

私も最初は一匹だったんですからね

帰ったら?ってことで
気が付いたら
お昼休みほとんど終わってました。

旦那さんと三歳のお嬢さん
本人含めて全員猫アレルギーで薬飲みながら
5匹の猫と 今現在 シバ犬一匹にインコ数羽だそうで
あと一週間たったら里親探し始める子猫3匹(5匹に増える予定)

この間 メールくれたの11時半くらいだった
三歳の子どもと働いている旦那さん相手に
働きながら自分の時間作れるのってそれくらいなんだろうなあ
と思いつつ

最近9時前に寝ている私には
緊急連絡かとおもって
びっくりしたんだけど
寛大に受け入れたメールだったんだよね

私は朝の4時とかに起きるから
早朝メールに対してはなんも思っていないんだけど
どうも夜9時から夜中2時位にかけてのメールはドキッとする

そういえば
今月
ひさしぶりに携帯の料金
9000円近くになってたわ
二月に一回支払うだけだけど
しんどいわ
しばらく 他の人ともメールのやり取りやめようっと
ブログに載せるのもやめようっと

猫様と一緒に暮らしたいと妄想しているだけで
部屋は片付くわ
おかあさんにはやさしくなるわ

ただ
ネットで猫関連の画像を見るのに時間を費やすのは
正直言ってパラノイアだわ

もっと 気持ちを分散させて余裕を持たないと
多頭飼いになるのはごめんだ

私は動物愛護協会に対しても
人権なんちゃらについても
及び腰だからね

もっと 気楽にいこう
根を詰めてはダメ

----------------------------------------


根と言えば

いま 午前中の補水を行おうと
起き掛けのおかあさんに声をかけたら

「甘いジュースを●●×▽」

なに?飲みたいの?

「ちがうの 大根で」

つくるの?

「うん 甘いジュースをここで売るの」

砂糖入れるの?

「いれない!大根の皮をむいて干すの
もう 北海道では売っている
私も●×▽□」

おかあさんもここで商売するんだね?

「そう 甘いジュース」


冷し飴って京都のがそれだったかなあ

おいしいよね
でもあれは甘蔗か?
ビートに詰めたらグラニュー糖だけども

おかあさん
商売好きだよねえ
しかも オリジナルが好きだよねえ

私にその才能があったらなあ

午後から 猫見に行くつもりだったけど
やめた

お金がない時は静かに家にいて本を読むのだ
それでいいのだ

だって 猫飼うの来年の6月だもん
b0134838_11283800.jpg



[PR]
by gavo220607 | 2017-07-22 11:28 | 在宅介護 他 介護一般 | Comments(0)

昨日 今日と おかあさんは絶好調だ
朝一番 こちらから問いかけもせずに
いきなり
「買い物に行ってきて」と言われる。
b0134838_08214902.jpg
なんでも 牛乳とパンを買ってこないといけないそうだ。

なぜ?

お客さんが来たときは 最高のおもてなしをした人だという話は
他の人たちから聞いていたが
私が 嫁ぎ先から帰ってきた朝なども
それは 贅沢に食卓が飾られたものだ

高い安い見かけ豪華とかいうのではない
ありとあらゆる おかあさんが趣味で買ったお皿に
おかあさん手作りのおかずが
とくに卵焼きが大好物だったが
ごっぽりのっているのであった
納豆も絶対に別の器に入ってトレイごとなんか出ないし
焼き鮭もでかくてかならず大根おろしなどが添えられてあった

田舎のおばさんだけど
都会のおされなもりつけなんかしないけど
くそみたいに少ない材料で高級感だして
めったくそ高い金支払って
まあ 美味しい空気とかいって浴衣で朝御飯より
仕事でバリバリのおかあちゃんが
慢性腰痛ものともせず
朝早くから 起き掛けに美味しい味噌汁用意していてくれたのが
こころから感謝すべきで
当たり前だと思っていた私は
いくつになっても親離れしなかったんだと

こんな 寝たきりになられて
記憶もほとんどない人に
なにをやっても 感謝の気持ちは伝わらないと
こころふさぐんだけど


たまに この人 おかあさんは

「感謝してるんだ」

って いってくれたりするわけよ

ええええええええええええええええ?
しなくていいよ と 泣きそうになったら

「だって 姉妹だもん」

って 貴様、、どんだけ 年の離れた妹だよ、、、
と 突っ込もうとしたら追い打ちをかけるように

「ねえさんだよね」

って おまえ 長女だろう!姉も兄もいねえだろうが!

と 漫才みたいな生活を続けて

はや4年なんですよ

**************************************************************

*****************************************************************
b0134838_08225668.jpg
ともあれ とっとと朝食用意しないとこの顔ですよ
b0134838_08263968.jpg
ipadのカメラ機能がいきなりダウンして
しかたなくメイドインチャイナのデジカメも時で写しましたよ
牛乳だけはクリアしたけど
不満いっぱいで
まだ パンはいつ来ると言っているので
しかたなく
つくったさ
ああ 作ったさ!
b0134838_08265870.jpg
バナナ潰してパンケーキ
シロップとカスタードだ

4年もたつと
もう ただのドロドロのえさなんか食べさせないさ
市販のものが帰る時は買い
買えない時は
あるもんでやるさ

ちなみに
昨日は 私じゃなくて家人に
みつまめ が たべたい

といったそうなので
セブ●イレ●ンで似たような物を買ってきて
みつまめっぽいものを作り
対処しましたよ
自分でもできるとはいえ
大量にできちゃうからね

一回目
ミカンをつぶして
二回目
パインをつぶして

硬いからね
固いのが入ってるよ
と 伝えながら食介
b0134838_08440719.jpg
食べ終わるか終らないうちにこれですよ
b0134838_08442649.jpg
もう 死んじゃったんじゃないの?
っていう顔ですよ
このまま 起こしながら食事をさせたら
まぢ やばいことになりますよ
潮時ってのを見極めるのも
これくらい食べたら
もう いいやって
四角四面に三度三度食介しないといけないなんて言う
考えもしなくなります。

本の通りになんか行きません。
その人その人のタイミングとか求めってのがあるわけで
自分だって
食べたくないのに無理やり食べるなんて言う事はしないだろうと思いますよ

するの?
だって 朝は必ず早く起きて
うがいして顔洗って
ご飯食べて
それも しっかり ご飯とみそ汁とたまごやき?
歯磨きも忘れずに?
昼は昼で
しっかりとるの?
晩も7時前にご飯終わらせるの?
夜は8時間以上寝ないと普通じゃないの?

ま いっか
私もそうだったわ
何でもかんでも鵜呑みにしてさ
テレビやラジオでいいと言ったらそうしたわ
いっぱい読んだわ

でもさ
どんどん それが覆されてきたじゃん

私が小さいころにさ
パパママなんていってたら
笑われたわ
で パン食なんてしてたら

体に力はいらねえだろう
そんなふわふわしたものくってたら
って年寄りに言われたわ
日本人なら米だよなあ
それも
新潟のが一番だよなとかさ

いまはさ

北海道が良いって言われてるんだよ
梅雨がないところに
露みたいな気配もあるしさ
どんどん かわるんだよ

赤ん坊に
小学生や中学生の食事はこなすのがむりだし
30代 40代 50代
どんどん食事の内容も変わるんだわ

死ぬまでに何度食べるのか知らないけど

人って脳味噌騙して生きていくのは限界があるんだよね

だから
とりあえず
いろいろ 鬼みたいに研究してきた人たちの話は聞いてみるけど
ある程度試して
やっぱ これは こうやっていくわ っていう
自分の中のリズムは大事にしないとね

寝られない寝られないって言ってたことがあるの
でも よく考えたら

最近
おしっこにあまり起きなくなったのね

起きるのは何度も起きるけど
だいたい時間帯は時計見なくてもわかるのね
窓の外の灯りの具合とか
聞こえてくる音とかでわかるわけよ

店に来る配達のトラックは必ず決まった時間につくし
朝早く出かける人のリズムもほとんど正確だわ

お休みの日だけは違うの
鳥の声とかもそうだわね
庭の木の葉っぱの大きさもいろいろわかる

朝4時に必ず起きるからって
悩んでいた時代がばかみたい
むしろ
私ってば時計並みに正確だって
自分をほめてやればいいだけのことで
寝た気がしないって思いこむのはどうなんだろう
体がだるかったり
浮腫んでいたらもんだいだけど
そうじゃないなら
いつもとちょっと違うことしてみたらいいかなとか思うわ
ベッドの反対側から降りるとかくだらないことだけど

ただ

これだけは 気を付けたほうがいいなあと思っているのは
体を冷やさないこと
テレビやipadやラジオとか
エンドレスで流れるものは必ず切って寝ること
携帯も枕元に置かないこと
甘い飲み物を練る前に飲まないこと
飲んだら必ず口をゆすぐこと
酸が強いものは特に気を付けること
つまり 果物系だね

ウンチポロポロが気になっていたけど
いまは 毎日毎日一日に何回も出るから
便秘よりましだなと思ったり

いいだけ 不健康に見えたおかあさんが
あんがい 内臓に何ら問題がないってことも
遺伝だろうなあ
ボケることだけ気を付けようねえってだけのこと

お父さんは原発不明の全身転移のがんで死んだけど
あのひとはタバコと酒が原因だ
胃薬も飲みすぎてた
おかあさんは 半端なくリポビタンDとパブロンをおかしみたいの飲んでたせいだ
お父さんはきゅうりと酢の入ったものが苦手だった
蕎麦は大好きだった
おかあさんが作るものが好きだった

おかあさんは 美味しそうにものを食べた
桃なんか皮ごと齧って
皮だけつるっと出してたみたいだ
歯も悪かったのに
料理は上手だった
なにより作るのが好きだったね

私は物凄く 好き嫌いが激しい子供だったけど
牛乳がものすごくすきだったんだって
おかあさんはいってた
記憶にない
食べ物についてうるさく言われたのは父親にだけだ

おかあさんは
食べたくなかったら食べなければいいっていってた

鬼みたいに作れとも言われた
同じ味になるように
毎回毎回違うようにならないように

私は口先ばかり
英語も結局何十年たってもできず
なんもできないまま
おかあさんの期待に応えられず生きてるんだけど


考えたら
お父さんには期待されたけど

おかあさんは
私に何も言ったことないわ

おかあちゃん
大事にするからね

b0134838_09241791.jpg
この絵を描いた人
もうみつからなくて
TOSHIさん
また 描いてください!















[PR]
by gavo220607 | 2017-07-22 09:26 | 永遠の戯言 | Comments(0)