旅行先の北海道で…中国人女性が行方不明

写真拡大

 今月18日から観光旅行のため北海道を訪れていた26歳の中国人女性が4日ほど前から連絡がとれず、行方不明となっている。警察は事件の可能性を含め捜査している。

 女性が宿泊していたゲストハウスの防犯カメラの映像には、今月22日にゲストハウスの従業員と、笑顔で会話をする女性が映っている。この日を最後に女性の行方が分からなくなっている。

 警察などによると、行方不明となっているのは中国・福建省で小学校の教師をしている中国人の危秋潔さん(26)。危さんは今月18日、北海道観光のため函館に入った。

 その後、20日からは札幌市中央区のゲストハウスに宿泊。そして22日午前7時ごろ、ゲストハウスを出た危さんはその日の夜以降、連絡がとれず行方が分からなくなっている。危さんが宿泊していた部屋には、スーツケースと衣類は残されたままだった。

 危さんは25日午後に上海行きの飛行機で帰国する予定だったが、出国した記録は残っていないという。警察は事件の可能性を含め捜査している。